ページの先頭です

大阪市立美術館 特別展「仏像 中国・日本」を開催します(平成31年(2019年)10月12日(土曜日)から12月8日(日曜日)まで)

2019年2月26日

ページ番号:462813

 大阪市立美術館では、平成31年(2019年)10月12日(土曜日)から12月8日(日曜日)まで、特別展「仏像 中国・日本」を開催します。
 日本にはいつの時代にも中国でつくられた多くの仏像や仏画が舶載(はくさい)され、それらが日本の仏像のすがたに大きな影響を与えてきました。
 本展では、まず「古代の人物表現 戦国~漢時代」を踏まえ、「仏像の出現とそのひろがり」、「遣隋使・遣唐使の伝えたもの」、「禅宗の到来と『宋風』彫刻」そして「新たな仏教・キリスト教との出会い」の各章を通じ、中国南北朝時代から明・清時代まで1,000年をこえる仏像の移り変わりを、関連する日本の仏像と共にご紹介します。

1 名称

 特別展「仏像 中国・日本」

2 会期

 平成31年(2019年)10月12日(土曜日)から12月8日(日曜日)まで  50日間
 休館日:月曜日(祝休日の場合は開館し、翌火曜日休館)

3 開館時間

 午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

4 会場

 大阪市立美術館(天王寺公園内)

 〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1-82

 Osaka Metro御堂筋線・谷町線「天王寺駅」15・16号出口、JR「天王寺駅」中央改札口、近鉄「大阪阿部野橋駅」、阪堺電車「天王寺駅前駅」、大阪シティバス「あべの橋停留所」下車 北西へ約400メートル

5 観覧料

  • 一般1,400円(前売券及び20名以上の団体料金1,200円)
  • 高校生・大学生1,100円(前売券及び20名以上の団体料金900円)
  • 中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)
  • 大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要

6 主催

 大阪市立美術館、読売新聞大阪本社、NHK大阪放送局、NHKプラネット近畿

7 主な作品

(1) 石造 菩薩交脚像龕(部分)(せきぞう ぼさつこうきゃくぞうがん)

石造 菩薩交脚像龕(部分)
別ウィンドウで開く

中国南北朝時代・北魏(ちゅうごくなんぼくちょうじだい・ほくぎ)
大阪市立美術館【大阪府】

(2) 重要文化財 木造 観音菩薩立像(部分)(もくぞう かんのんぼさつりゅうぞう)

重要文化財 木造 観音菩薩立像(部分)
別ウィンドウで開く

隋時代(ずいじだい)
堺市博物館【大阪府】

(3) 石造 如来坐像(せきぞう にょらいざぞう)

石造 如来坐像
別ウィンドウで開く

唐時代(とうじだい)
永青文庫(えいせいぶんこ)【東京都】

(4) 重要文化財 木造 釈迦如来立像(もくぞう しゃかにょらいりゅうぞう)

重要文化財 木造 釈迦如来立像
別ウィンドウで開く

鎌倉時代正治元年(1199年)(かまくらじだいしょうじがんねん)
峰定寺(ぶじょうじ)【京都府】

(5) 木造 諸尊仏龕(もくぞう しょそんぶつがん)

木造 諸尊仏龕
別ウィンドウで開く

元時代(げんじだい)
知恩院(ちおんいん)【京都府】

(6) 木造 烏将軍立像(もくぞう うしょうぐんりゅうぞう)

木造 烏将軍立像
別ウィンドウで開く

元~明時代(げん~みんじだい)
福井県立若狭歴史博物館【福井県】

(7) 金銅 観音菩薩坐像(こんどう かんのんぼさつざぞう)

金銅 観音菩薩坐像
別ウィンドウで開く

明時代(みんじだい)
薬師寺(やくしじ)【奈良県】

8 問合せ先

 大阪市立美術館

 電話番号:06-6771-4874 ファクシミリ:06-6771-4856 ホームページ:https://www.osaka-art-museum.jp/別ウィンドウで開く

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。