ページの先頭です

「ムムム!!文楽シリーズ 中之島文楽」を開催します【令和元年10月4日(金曜日)・10月5日(土曜日)】

2019年7月24日

ページ番号:476376

 大阪市は、大阪が誇る伝統芸能である「人形浄瑠璃文楽」を、市民のみなさまが身近に親しめるよう、令和元年10月4日(金曜日)と10月5日(土曜日)の2日間大阪市中央公会堂において「ムムム!!文楽シリーズ 中之島文楽」を開催します。

 これまで親しみが薄く、文楽劇場に足を運ばれなかった市民のみなさまに気軽に楽しんでいただくことで、文楽や他の古典芸能への関心拡大、その発展につなげることを目的に実施するものです。

1.日時

  • 令和元年10月4日(金曜日)

    開場:18時

   開演:19時(21時終演予定)

  • 令和元年10月5日(土曜日)

    開場:13時

    開演:14時(16時終演予定)

2.場所

大阪市中央公会堂 大集会室(大阪市北区中之島1-1-27

  • Osaka Metro御堂筋線・京阪電車京阪本線「淀屋橋」駅下車1番出口
  • 京阪電車中之島線「なにわ橋」駅下車1番出口

3.公演内容

第1部 文楽ビギナーに贈る文楽入門トーク(約40分)

文楽ってナンダ?おもしろ文楽のススメ

  観客のみなさまが親しみやすい文楽ビギナーのゲストを招いてのトークショーです。資料映像を交えて解説するなど、第2部で上演する演目はもとより、文楽の魅力そのものを初心者の方にもわかりやすくお伝えする企画となっております。

 【出演者】

  10月4日(金曜日)<ゲスト>遙 洋子 <司会>桂 吉坊

  10月5日(土曜日)<ゲスト>三倉 佳奈 <司会>添田 尚子

第2部 文楽上演(字幕スーパーあり)(約60分)

 偉大な劇作家と謳われる近松門左衛門の名作を上演。

 この演目は、享保5年(1720年)10月14日に起こった実際の心中事件を元に書き下ろされたといわれており、愛と義理とのしがらみがよく描かれたストーリーです。

 【演目】

  「心中天網島 北新地河庄の段」(しんじゅうてんのあみじま きたしんちかわしょうのだん)

 【主な出演者】

  竹本 織太夫、鶴澤 藤蔵、吉田 玉男

  (注)演目・出演者等は変更になる場合があります。

4.定員

各日700名(先着順)

(注)各プレイガイドでのチケット販売で定員に達した場合は当日券の販売は行いません。

5.料金

おとな(高校生以上) 前売1,800円、当日2,000円

こども(小・中学生)  前売800円、当日1,000円

(注)未就学児(小学生未満)は入場をお断りします。

6.チケット販売

販売開始:令和元年8月3日(土曜日)

(注)各公演3日前まで各プレイガイドでご購入いただけます。

(注)全席指定

7.当日券

当日券の有無については、各プレイガイドでのチケット販売終了後にキョードーインフォメーションまでお問い合わせください。

電話番号:0570-200-888 (10時から18時まで)

8.主催

文楽を中心とした古典芸能振興事業実行委員会(大阪市、公益財団法人 文楽協会)

9.協賛

株式会社ル・ピノー

10.問合せ先

キョードーインフォメーション

電話番号:0570-200-888 (10時から18時まで)

中之島文楽チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない