ページの先頭です

大阪城・エッゲンベルグ城友好城郭提携10周年記念のイベントを開催します

2019年9月17日

ページ番号:480999

 大阪城天守閣では、令和元年11月2日(土曜日)から11月4日(月曜日・振替休日)までの3日間、大阪城・エッゲンベルグ城友好城郭提携10周年記念のイベントを開催します。

 今年は、日本オーストリア友好150周年を迎え、また大阪城とオーストリアのエッゲンベルグ城が平成21年(2009年)に友好城郭提携を結んでから10周年の記念イヤーにあたります。

 本イベントでは、豊臣秀吉の時代から幕末、そして、平成7年(1995年)にはAPEC首脳会議、今年はG20大阪サミットの夕食会が開催されるなど現代に至るまで、たびたび重要な外交の舞台となってきた大阪城をテーマに、関連する地域や団体による芸能の披露や観光情報の発信で各地の魅力を紹介します。

 これを機にオーストリア、グラーツ市、エッゲンベルグ城と大阪、大阪城との交流を深め、外交関係のあった各地の歴史・文化を身近に感じていただきます。

 なお、本事業はオーストリア大使館・オーストリア文化フォーラムより、日本オーストリア友好150周年記念事業として承認いただいています。

記念フォーラム

1.開催概要

(1)名称

大阪城・エッゲンベルグ城友好城郭提携10周年記念フォーラム

グラーツ・エッゲンベルグ城の魅力と「豊臣期大坂図屏風(びょうぶ)」

(2)日時

令和元年11月2日(土曜日)13時から16時まで(受付:12時30分から)

(3)場所

大阪歴史博物館 4階 講堂(大阪市中央区大手前4-1-32

交通機関及び最寄駅:Osaka Metro谷町線・中央線 谷町四丁目駅(2号出口、9号出口)、大阪シティバス 馬場町

(4)定員

280名(事前申込制)

(5)料金

無料 ただし、大阪歴史博物館の展示室入場の場合は観覧料が必要

観覧料:大人600円 高校生・大学生400円 中学生以下、大阪市在住65歳以上の方(要証明)、障がい者手帳等ご持参の方は無料

(6)出演

  • Wolfgang Muchitsch(ヴォルフガング・ムヒッチェ)(シュタイアーマルク州立博物館ヨアネウム館長)
  • Paul Schuster(ポウル・シュスター)(エッゲンベルグ城学芸員)
  • 北川央(きたがわひろし)(大阪城天守閣館長)

(7)主催

大阪城・エッゲンベルグ城友好城郭提携10周年記念事業実行委員会

(構成:大阪市、大阪城パークマネジメント株式会社)

(8)後援

オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム
豊臣期大坂図屏風 画像
別ウィンドウで開く

豊臣期大坂図屏風(びょうぶ)(エッゲンベルグ城提供)

2.申込み

(1)申込方法

往復はがきに次の項目を明記のうえ、下記の申込先までお送りください。

  • 往信はがき:住所、電話番号、参加者全員の氏名・フリガナ
  • 返信はがき:代表者住所、代表者氏名 注)宛名欄に必ず記入してください。

注)1通で2名までお申込みいただけます。

(2)申込先

〒553-0005 大阪市福島区野田1-1-86 中央卸売市場本場 業務管理棟12階

大阪市経済戦略局観光部観光課(集客拠点担当)「エッゲンベルグ城記念フォーラム」係

(3)申込締切

令和元年10月15日(火曜日)消印有効

(4)注意事項

申込者多数の場合は抽選となり、抽選結果は当落に関わらず10月25日(金曜日)頃までに返信はがきにてお知らせします。

お申込みいただいた個人情報については、本イベント以外の利用はいたしません。

記念イベント

1.開催概要

(1)名称

大阪城・エッゲンベルグ城友好城郭提携10周年記念

外交の舞台・大阪城 ~ 大阪城の秋まつり2019 ~

(2)日時

令和元年11月3日(日曜日・祝日)、11月4日(月曜日・振替休日) 

11時から16時まで

(3)場所

大阪城天守閣前本丸広場(大阪市中央区大阪城1-1

(4)料金

無料 ただし、天守閣入館の際は入館料が必要

入館料:大人600円 中学生以下、大阪市在住65歳以上の方(要証明)、障がい者手帳等ご持参の方は無料

(5)主催

大阪城天守閣

大阪城・エッゲンベルグ城友好城郭提携10周年記念事業実行委員会

(6)後援

オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム

2.イベント内容 (出演順)

11月3日(日曜日・祝日)

(1)古筝(こそう)演奏

  • 時間:11時から/14時から
  • 出演:伍芳(ウー・ファン)

 文禄5年(慶長元年、1596年)9月1日、第一次朝鮮出兵(文禄の役)の講和のため、豊臣秀吉は大坂城本丸の千畳敷御殿において、明国皇帝の勅使と会見を行いました。

 今回のイベントでは、明の時代をはるか遡る紀元前の昔から中国に伝えられてきた古筝を、大阪市の姉妹都市である中国・上海市の出身で、日本で活躍する伍芳が演奏します。古筝は、雅楽とともに8世紀に日本へと伝わり、日本の琴の原型となりました。

伍芳
別ウィンドウで開く

【伍芳 プロフィール】
中国古筝演奏家。中国・上海生まれ。1990年上海音楽学校を首席で卒業し、来日。1996年に東芝EMIよりデビュー。サックス奏者KENNY G、南こうせつ、など数々のア-ティストと共演。2010年上海万博においては、オリジナル曲を中心とした音楽劇「彩虹橋」で公演を行う。2015年神戸市文化奨励賞を受賞。2019年通算14枚目のアルバム「KOTOKOTO FANTASIA ~ 筝箏夢絃 ~ 」を発売。

(2)Classical Music×Popsミニコンサート「RESONATE(リゾネイト)」

  • 時間:12時から/15時から
  • 出演:桜花昇ぼる(おうかのぼる)、沙月梨乃(さつきりの)
  • 演奏:松岳一輝(まつおかいっき)バンド

 オーストリアといえば、何と言ってもクラシック音楽です。そのクラシックの美しい旋律に日本語のオリジナル歌詞を乗せ、独自の世界観で歌う沙月梨乃と、女優・歌手・講談師として活躍中の元OSK日本歌劇団トップスターの桜花昇ぼるによる、今回のイベントのためだけのスペシャルデュオステージです。

 モーツァルトに代表されるオーストリアの作曲家をはじめ、様々なクラシック音楽にポップスアレンジを加えた楽曲やオリジナル曲を、OSK日本歌劇団出身で同期生の2人が紡ぎます。

桜花昇ぼる
別ウィンドウで開く

【桜花昇ぼる プロフィール】
元OSK日本歌劇団トップスター。現在、女優・歌手・講談師 旭堂南桜(きょくどうなんおう)・日本舞踊家 花柳寛おう昇(はなやぎかんおうしょう)として活躍中。

沙月梨乃
別ウィンドウで開く

【沙月梨乃 プロフィール】
元OSK日本歌劇団娘役トップスター。現在、女優・歌手として関西を中心に活動中。

(3)大阪城・エッゲンベルグ城友好城郭提携10周年記念式典

  • 時間:13時から
  • 登壇:Wolfgang Muchitsch(シュタイアーマルク州立博物館ヨアネウム館長)、北川央(大阪城天守閣館長)

11月4日(月曜日・振替休日)

(1)三重県指定無形民俗文化財 唐人踊り(とうじんおどり)

  • 時間:11時から/14時から
  • 出演:分部町唐人踊保存会(わけべちょうとうじんおどりほぞんかい)

 豊臣秀吉の死によって朝鮮出兵が終わり、徳川幕府が政治の実権を握ると、日本と朝鮮の間で和約が成立し、朝鮮通信使が来朝するようになります。慶長12年(1607年)の第1回を皮切りに、将軍の代替わりや国の慶事の際に派遣されました。江戸に向かう通信使は対馬、壱岐、赤間関を通り瀬戸内を海路で進み、途中大坂で上陸して大坂の学者や文人たちと盛んに交流を行いました。

 三重県津市に伝わる「唐人踊り」はこの朝鮮通信使の行列の様を模したものと言われ、黄・白・赤色の上着や面、チャルメラ風のラッパなどが異国情緒を感じさせます。

唐人踊り 画像
別ウィンドウで開く

唐人踊り

(2) オペラ歌唱 『Mulier fortis(ムリエール・フォルティス)/勇敢な婦人(細川ガラシャ)』より

  • 時間:12時から/15時から
  • 出演:豊田喜代美(とよだきよみ)
  • 演奏:高本一郎(たかもといちろう)(リュート)

 『Mulier fortis/勇敢な婦人(細川ガラシャ)』は、戦国武将細川忠興(ほそかわただおき)の正室で、キリシタンとして知られる細川ガラシャ(明智たま)をモデルとして制作され、1698年に神聖ローマ帝国の首都ウィーンのハプスブルグ王宮内で初演されたオペラです。

 ガラシャは慶長5年(1600年)の関ケ原合戦の際、夫・忠興が与する東軍と敵対した石田三成方西軍の人質となることを断固拒否し、キリシタンが禁じられている自害ではなく、家臣に喉を突かせる方法により、大坂城内玉造の細川屋敷において最期を遂げました。

 ヨーロッパからはるか離れた東洋の地でキリスト教に深い理解を示した女性の死は、イエズス会宣教師によってヨーロッパに伝えられてオペラとなり、とりわけハプスブルグ家の女性に愛され、彼女たちに大きな影響を与えたと言われています。

 17世紀にウィーンで制作・上演された細川ガラシャを主人公とするオペラの楽曲が、ガラシャ最期の地大阪城で甦(よみがえ)ります。

豊田喜代美
別ウィンドウで開く

【豊田喜代美 プロフィール】
声楽家。日本を代表するソプラノの一人。ドイツ・ケルン音楽大学に留学。ウィーン、ミラノで研修。ドイツ各地や、米国・カーネギーホール小ホール、シラキュース交響楽団をはじめ、英国BBCウェールズ交響楽団、オランダ・北オランダ交響楽団他、国内外のオーケストラに招かれ活躍。サントリー音楽賞他を受賞。オペラ『Mulier fortis/勇敢な婦人(細川ガラシャ)』の日本初演(2013年)。北陸先端科学技術大学院大学修了(博士/知識科学)。

3.同時開催イベント

(1)ゆかりの地の魅力展

 大阪城と外交関係にあったゆかりの地、ならびに今回のイベントに出演いただく自治体の観光情報や特産品を紹介します。

  • 日時:令和元年11月3日(日曜日・祝日)、11月4日(月曜日・振替休日)11時から16時まで
  • 場所:大阪城天守閣前本丸広場(大阪市中央区大阪城1-1
  • 出展:三重県津市ブース、フランスブース ほか

(2)豊臣石垣公開プロジェクトのPRブース

 豊臣石垣公開プロジェクトの紹介のほか、普段は非公開の、大阪城本丸広場にある昭和34年(1959年)発見の豊臣石垣を公開し、地上から覗き込んでご覧いただきます。

  • 日時:令和元年11月3日(日曜日・祝日)、11月4日(月曜日・振替休日) 10時から16時まで
  • 場所:大阪城天守閣前本丸広場(大阪市中央区大阪城1-1
  • 問合せ先:太閤なにわの夢募金実行委員会 電話:06-6469-5164

4.その他

  • イベント内容は予告なく変更または中止になる場合がございます。
  • 雨天の場合は中止となります。天候不良の際は大阪城天守閣までお問い合わせください。
  • イベントの詳細は大阪城天守閣ホームページにも記載します。

5.交通機関及び最寄り駅

Osaka Metro谷町線:谷町四丁目駅(1号-B出口)、天満橋駅(3号出口)

Osaka Metro中央線:谷町四丁目駅(9号出口)、森ノ宮駅(1号出口、3号-B出口)

Osaka Metro長堀鶴見緑地線:森ノ宮駅(3号-B出口)、大阪ビジネスパーク駅(1号出口)

JR大阪環状線:森ノ宮駅、大阪城公園駅

JR東西線:大阪城北詰駅

京阪電車:天満橋駅、京橋駅

大阪シティバス:大阪城大手前、馬場町

大阪水上バス:大阪城港、八軒家浜船着場

問合せ先

記念フォーラムに関すること

大阪市経済戦略局観光部観光課(集客拠点担当)

  • 電話:06-6469-5164(月曜日から金曜日の9時から12時15分まで及び13時から17時30分まで。祝日を除く。) 
  • ファックス:06-6469-3896

記念イベントに関すること

大阪城天守閣

(参考)エッゲンベルグ城

 オーストリアのグラーツ市にあるエッゲンベルグ城は、神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の政治顧問をつとめた公爵ハンス・ウィルリッヒ・フォン・エッゲンベルグが1625年に築いた城です。この城で平成18年(2006年)9月、豊臣秀吉が亡くなる前後の大坂城と城下町を描いた貴重な屏風絵「豊臣期大坂図屏風(びょうぶ)」が発見されました。この「豊臣期大坂図屏風(びょうぶ)」の3年間にわたる共同研究を経て、平成21年(2009年)、大阪城とエッゲンベルグ城は友好城郭提携を結びました。
公式ロゴ
別ウィンドウで開く

日本オーストリア友好150周年公式ロゴ

エッゲンベルグ城 画像
別ウィンドウで開く

エッゲンベルグ城(グラーツ市観光局提供)

探している情報が見つからない

このページへの別ルート

表示