ページの先頭です

令和元年度伝統芸能を活用した大阪の魅力開発促進のためのモデルプログラム「OSAKA TRADITIONAL SHOW」を開催します

2019年10月7日

ページ番号:482291

 大阪市は、令和元年12月、令和2年1月に伝統芸能を活用した大阪の魅力開発促進のためのモデルプログラム「OSAKA TRADITIONAL SHOW」を開催します。

 本モデルプログラムは、伝統芸能を活用した大阪の魅力開発促進事業の一環として実施するものです。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催のタイミングを見据え、主にはビジター(国内外からの観光客)を対象とした“大阪ならでは”の上方伝統芸能の観光コンテンツ開発につなげることを目的に、実証実験として行うものです。公演のニーズ把握や課題抽出などを行い、ブラッシュアップさせていくことで、上方伝統芸能の魅力開発を促進します

おもしろ英語で楽しむ落語会

実施内容

 世界最大級の水族館 海遊館に隣接する海遊館ホールと、落語の新しい拠点、錢屋ホールで英語落語、女道楽(注1)、パペット落語(注2)をお楽しみいただけます。海遊館ホールでは、海の生きものにちなんだプログラムを、錢屋ホールでは演目にあわせた和菓子セット付のプログラムを開催します。
 外国の方にもお楽しみいただけるよう英語を交えた内容となっております。

(注1)女道楽とは、寄席芸のひとつで、女性の芸人が唄や踊り、そして間に軽妙なトークをはさんで披露する高座のことです。

(注2)パペット落語とは、今までの落語をよりビジュアル的に楽しめるように人形を使い、言葉の壁をなくすことで世界の人々にも見てもらえる落語をめざして誕生しました。

出演

桂かい枝(英語落語)、桂福龍(英語落語)、内海英華(女道楽)、笑福亭鶴笑(パペット落語)

出演者は公演によって異なります。

桂かい枝さんの画像

桂かい枝

桂福龍さんの画像

桂福龍

内海英華さんの画像

内海英華

笑福亭鶴笑さんの画像

笑福亭鶴笑

日時

海遊館ホール

令和元年12月9日(月曜日)から11日(水曜日)

各日14時30分開場、15時開演(16時終演予定)(3公演)

錢屋ホール

  • 令和元年12月12日(木曜日)
    18時30分開場、19時開演(20時終演予定)(1公演)
  • 令和元年12月13日(金曜日)
    18時30分開場、19時開演(20時終演予定)(1公演)
  • 令和元年12月14日(土曜日)
    13時30分開場、14時開演(15時終演予定)/17時30分開場、18時開演(19時終演予定)(2公演)  

場所

海遊館ホール

住所:大阪市港区海岸通1-1-10

Osaka Metro中央線「大阪港」駅1番出口より徒歩約5分、大阪シティバス「天保山ハーバービレッジ」下車すぐ、南海バス「海遊館(天保山)」下車すぐ、関西国際空港発リムジンバス「天保山(海遊館)」下車すぐ

錢屋ホール

住所:大阪市天王寺区石ケ辻町14-2錢屋本舗南館6F

近鉄大阪線「大阪上本町」駅より徒歩約5分、Osaka Metro谷町線「谷町九丁目」駅12番出口より徒歩7分、又は8番出口より徒歩約10分

料金

海遊館ホール 

前売り2,000円、当日2,500円(自由席)

錢屋ホール

前売り2,500円、当日3,000円(自由席)(注)和菓子セット付

日本の“美”能楽を楽しむ会

実施内容

 日本のミュージカルともいえる能楽を、大阪を代表する大槻能楽堂と、能舞台を間近で鑑賞できる錢屋ホールでお楽しみいただけます。

 出演者による英語解説があります。

  • 装束と能面の展示・鑑賞
  • お囃子の演奏
  • 能楽「羽衣」(注)より一部を鑑賞

(注)富士山をのぞむ三保の松原で、一度手に入れた漁師から羽衣を返してもらった天女がそのお礼に美しい舞を舞うとういう演目です。

出演

大倉源次郎(人間国宝・小鼓)、赤松禎友(シテ方)、囃子方(笛・大鼓・太鼓ほか)

解説:山田薫

監修:大槻文蔵(人間国宝・シテ方)

能楽の画像

能楽

日時

大槻能楽堂

令和2年1月20日(月曜日)18時30分開場、19時開演(20時終演予定)(1公演)

錢屋ホール

令和2年1月22日(水曜日)18時30分開場、19時開演(20時終演予定)(1公演)

場所

大槻能楽堂

住所:大阪市中央区上町A番7号

Osaka Metro谷町線「谷町四丁目」駅10番出口より南へ約300メートル(11番出口にエレベーター有り)、又は「谷町六丁目」駅7番出口より約350メートル

錢屋ホール

住所:大阪市天王寺区石ケ辻町14-2錢屋本舗南館6F

近鉄大阪線「大阪上本町」駅より徒歩約5分、Osaka Metro谷町線「谷町九丁目」駅12番出口より徒歩約7分、又は8番出口より徒歩約10分

料金

大槻能楽堂

前売り2,000円、当日 2,500円(自由席)

錢屋ホール

前売り2,500円、当日 3,000円(自由席)(注)和菓子セット付

チケット取り扱い

販売開始:令和元年10月15日(火曜日)

(注)上記以外、下記の予約先からも予約を受け付けます。

(注)「TKTS」、「錢屋本舗本館2階事務所」以外での購入には、販売手数料がかかります。   

お問合せ・予約先

Fesnet

電話:06-6372-3690 ファックス:06-6372-3691

(10時から18時まで。土曜日、日曜日、祝日を除く。)

OSAKA TRADITIONAL SHOWホームページ別ウィンドウで開く

受託者

株式会社ジェイコムウエスト

探している情報が見つからない