ページの先頭です

「第10回大阪マラソン」チャリティ寄付先団体を決定しました

2020年2月7日

ページ番号:494119

 大阪マラソン組織委員会は、「みんなでかける虹。」を合言葉に、参加する全てのランナーをはじめ、観客やボランティアのみなさん等、多くの方にチャリティに参加する機会を提供するなど、チャリティ文化の普及をめざし、令和2年秋に開催する「第10回大阪マラソン」に向け、チャリティ寄付先団体の公募を実施し(令和元年10月28日掲載済)、選考を行った結果、フラッグシップパートナー(注1)14団体、チャレンジパートナー(注2)15団体を決定しましたので、お知らせします。

(注1)フラッグシップパートナー:大阪マラソンのチャリティテーマで活動する寄付先団体
(注2)チャレンジパートナー:多様なテーマで活動する寄付先団体

1 第10回大阪マラソンチャリティ寄付先団体一覧

(1)フラッグシップパートナー

チャリティテーマ(カラー)

団体名

主な活動内容

美しいまちと暮らしを支える
(紫)

公益財団法人
オイスカ

国内外で森づくりや人材育成を行う

認定NPO法人
グリーンバード

全国各地でごみ拾いやごみのない街づくり活動を実施

スポーツ・文化を支える
(紺)

NPO法人
改革プロジェクト

防犯活動を主軸に、防災、環境活動に取り組む

認定NPO法人
プール・ボランティア

障がいのあるすべての人に泳ぐ楽しさを伝える

自然環境を支える
(水)

認定NPO法人
自然環境復元協会(NAREC)

「多様な生き物と共に暮らす社会」をめざし国内の環境保全を行う

公益社団法人
日本環境教育フォーラム

環境教育を通じた持続可能な社会づくりを担う人材の育成

大阪のまちを支える
(緑)

NPO法人
HELLOlife

子どもの貧困問題解決につながる若者支援

NPO法人
み・らいず

貧困状態の子ども、障がい者等への地域生活支援

家族を支える
(黄)

認定特定非営利活動法人
育て上げネット

若者への就労支援の提供

認定NPO法人
日本クリニクラウン協会

クリニクラウン(臨床道化師)を派遣し、入院中の子どもたちやその家族を支える

子どもの未来を支える
(オレンジ)

公益社団法人
こどものホスピスプロジェクト

地域で支える小児緩和ケア

公益社団法人
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

日本を含む世界120か国での子ども支援活動

生きる希望を支える
(赤)

認定NPO法人
がんサポートコミュニティー

がん患者と家族に対するこころのケアの提供

京都大学iPS細胞研究所

iPS細胞の医療応用に向けた研究

(2)チャレンジパートナー

団体名(新規:第10回大会からの新規団体)

主な活動内容

1

特定非営利活動法人
あっとすくーる(新規)

ひとり親家庭の子どもたちに学習支援を行う

2

公益財団法人
大阪府育英会

経済的な理由により学習環境に恵まれない高校生を支援する

3

NPO法人
関西骨髄バンク推進協会(新規)

骨髄バンクのドナー登録者を増やすための活動を行う

4

認定NPO法人
ゴールドリボン・ネットワーク

小児がん患児やその家族、小児がん経験者を支援する

5

認定NPO法人
国際ビフレンダーズ 大阪自殺防止センター

苦悩に寄り添う電話相談と自死遺族へのサポートを行う

6

特定非営利活動法人
国連UNHCR協会

難民・避難民を支えるための広報・募金活動を行う

7

認定NPO法人
CPAO(新規)

困窮している親子に家事育児等のサポートを行う

8

認定NPO法人
世界の子どもにワクチンを 日本委員会

途上国にワクチンを贈り子どもの未来を守る活動を行う

9

公益財団法人
チャイルド・ケモ・サポート基金(新規)

小児がん等の難治性疾患の子どもとその家族を支援する

10

特定非営利活動法人
つながりひろば

がん患者とその家族を支援する

11

認定特定非営利活動法人
日本IDDMネットワーク

1型糖尿病患者・家族の支援とこの病の根絶を目指す研究への助成

12

認定特定非営利活動法人
日本国際ボランティアセンター(新規)

世界11の国・地域で、農業、教育、医療等を支援する

13

特定非営利活動法人
日本こども支援協会(新規)

イベントやコミュニティサイトの運営を通じて里親啓発を行う

14

認定NPO法人
ノーベル

子育てと仕事の両立を目指し訪問型病児保育を行う

15

わが町にしなり子育てネット

子育てサークル等の地域のネットワークを活用し、子育てを支援する

2 応募団体数

44団体

3 選定理由(講評)

 応募内容に沿った活動が期待できることやチャリティプログラムへの具体的な取組、企画、広報活動等について、大阪マラソンを積極的に応援する提案であったため。

4 選考

大阪マラソン組織委員会チャリティ専門部会(第26回)を開催し、選考を行いました。

  • 日時
    令和2年1月31日(金曜日)14時から16時まで
  • 場所
    読売新聞大阪本社
  • 委員
    橋爪 紳也(大阪府立大学 観光産業戦略研究所長)座長
    高橋 美和子(特定非営利活動法人関西NGO協議会 事務局長・理事)
    永井 美佳(社会福祉法人大阪ボランティア協会 常務理事・事務局長)
    橋本 誠司(読売新聞大阪本社 取締役事業本部長)
    森垣 学(社会福祉法人大阪府社会福祉協議会 事務局長)

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 経済戦略局スポーツ部スポーツ課大阪マラソン担当

住所:〒559-8555 大阪市住之江区南港北1-14-16 大阪府咲洲庁舎35階

電話:06-6210-9317

ファックス:06-6210-9318

メール送信フォーム