ページの先頭です

大阪城天守閣「大坂冬の陣図屏風(デジタル想定復元)完成記念 夏の展示 大坂冬の陣・夏の陣図屏風 ~ 豊臣vs徳川 激闘の記憶 ~ 」を開催します

2020年7月10日

ページ番号:509494

 大阪城天守閣と凸版印刷株式会社(以下「凸版印刷」という。)は、令和2年7月23日(木曜日・祝日)から10月7日(水曜日)まで、大阪城天守閣3階展示室において「大坂冬の陣図屏風(びょうぶ)(デジタル想定復元)完成記念 夏の展示 大坂冬の陣・夏の陣図屏風 ~ 豊臣vs徳川 激闘の記憶 ~ 」を開催します。

 慶長19年(1614年)の大坂冬の陣の様子を描いた大坂冬の陣図屏風については、江戸時代後期の模写本が東京国立博物館に所蔵されるのみで、原本は行方不明になっています。

 そこで、凸版印刷は、歴史・城郭史・美術史・風俗史など、各研究分野の専門家の指導・助言のもと、最新のデジタル技術を駆使し、大坂冬の陣図屏風の復元プロジェクトに取り組みました。昨年、復元された屏風が完成し、令和元年7月27日(土曜日)から9月8日(日曜日)までの間に名古屋市の徳川美術館・名古屋市蓬左(ほうさ)文庫で開催された特別展「合戦図 ― もののふたちの勇姿を描く ― 」において展示・初公開され、NHKの『歴史秘話ヒストリア』『英雄たちの選択』でも番組化されるなど、大きな話題となりました。

 今回の「夏の展示」では、大阪城天守閣が協力し、凸版印刷が実施した同プロジェクトの成果である大坂冬の陣図屏風(デジタル想定復元)を関西で初めてお披露目し、大阪城天守閣が所蔵する大坂夏の陣図屏風(重要文化財)とともに展示します。

 あわせて大坂冬の陣・夏の陣で活躍した真田幸村(信繁)・後藤又兵衛ら所用の甲冑(かっちゅう)、豊臣秀頼が自害する4日前の慶長20年(1615年)5月4日付で発給した現存最後の文書、大坂夏の陣最後の決戦当日の慶長20年(1615年)5月7日付の大野治房の書状など、大坂冬の陣・夏の陣関係資料がずらりと並びます。

1.開催概要

(1)名称

大坂冬の陣図屏風(デジタル想定復元)完成記念

夏の展示 大坂冬の陣・夏の陣図屏風 ~ 豊臣vs徳川 激闘の記憶 ~

(2)会期

令和2年7月23日(木曜日・祝日)から10月7日(水曜日)まで

(3)時間

9時から17時まで

(注)入館は閉館の30分前まで

(4)主催

大阪城天守閣

(5)共催

凸版印刷株式会社

(6)会場

大阪城天守閣3階展示室(大阪市中央区大阪城1-1

(7)入館料

大人600円 中学生以下、大阪市在住65歳以上の方(要証明)、障がい者手帳等ご持参の方は無料

(注)展示は大阪城天守閣の平常入館料でご覧いただけます。

(8)主要展示品

  • 大坂冬の陣図屏風(デジタル想定復元) 〈凸版印刷蔵〉
  • 大坂冬の陣図屏風(肉筆模写) 〈大阪城天守閣蔵〉
  • 重要文化財 大坂夏の陣図屏風 〈大阪城天守閣蔵〉

主要展示品解説

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

2.大坂冬の陣図屏風復元プロジェクトについて

 凸版印刷は、これまでに培った文化財のデジタル復元の知見を活かし、六曲一双屏風のデジタル彩色プロセスを構築しました。専門家による学術的調査と監修を得ながら模本を読み解くことで、浮かび上がる姿を想定し、デジタルによる彩色と手作業による仕上げによって復元図が完成しました。

<凸版印刷のデジタル復元について>

 凸版印刷は、国内外の貴重な文化財を後世に継承するために実物のデジタルアーカイブや消失文化財のデジタル再現に取り組んでいます。これまで、帝国ホテル旧本館ライト館や江戸城天守のVR再現、画布の半分が欠損したクロード・モネ作「睡蓮・柳の反映」(国立西洋美術館所蔵)のデジタル復元を行っています。

「大坂冬の陣図屏風」デジタル想定復元

  • 制作・著作: 凸版印刷株式会社
  • 監修: 千田 嘉博(奈良大学文学部教授)、東京藝術大学、徳川美術館、佐多 芳彦(立正大学文学部教授)
  • 協力: 大阪城天守閣、京都市立芸術大学芸術資料館、東京国立博物館

(注)JSPS科研費JP17102001(立正大学)の助成を受けた研究成果を活用しています。

3.その他展示情報

 夏の展示と同時期に、下記のとおり企画展示を開催します。

(1)名称

企画展示 秀吉 天下人への足どり ― 資料と写真でたどる ―

(2)会期

令和2年7月22日(水曜日)から10月8日(木曜日)まで

(3)時間

9時から17時まで

(注)入館は閉館の30分前まで

(4)主催

大阪城天守閣

(5)会場

大阪城天守閣4階展示室(大阪市中央区大阪城1-1

(6)主な展示品

  • 錦絵 清州城普請の図 歌川国芳画
  • 革包伊予札菱綴二枚胴具足(かわづつみいよざねひしとじにまいどうぐそく)(伝 仙石秀久所用)
錦絵 清州城普請の図 歌川国芳画 画像
別ウィンドウで開く

錦絵 清州城普請の図 歌川国芳画

革包伊予札菱綴二枚胴具足(伝 仙石秀久所用) 画像
別ウィンドウで開く

革包伊予札菱綴二枚胴具足(伝 仙石秀久所用)

4.問合せ先

展覧会に関する問合せ

大阪城天守閣

電話:06-6941-3044

大坂冬の陣図屏風(デジタル想定復元)に関する問合せ

凸版印刷株式会社 広報本部

電話:03-3835-5636

探している情報が見つからない

このページへの別ルート

表示