ページの先頭です

大阪城天守閣「疫病退散 ~ ちょろけんと大神楽 ~ 」を開催します

2020年12月21日

ページ番号:520059

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、令和2年12月28日(月曜日)から令和3年1月11日(月曜日・祝日)まで、GOTOトラベルの運用が一時停止となることが政府より示されました。また、大阪府からも大阪モデルの「レッドステージ」及び不要不急の外出自粛の要請が出されていることを踏まえ、大阪城天守閣は、令和3年1月2日(土曜日)と1月3日(日曜日)の2日間に実施を予定していた「疫病退散~ちょろけんと大神楽~」(令和2年11月27日報道発表済)のプログラムを変更します。

 楽しみにしていただいていた皆様におかれましては、誠に申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願いいたします。

 プログラム変更の詳細については、【経済戦略局 令和3年1月2日、3日開催】大阪城天守閣「疫病退散 ~ ちょろけんと大神楽 ~ 」のプログラムを変更しますをご確認ください。

大阪城天守閣「疫病退散 ~ ちょろけんと大神楽 ~ 」について

 大阪城天守閣は、令和3年1月2日(土曜日)と1月3日(日曜日)の2日間、「疫病退散 ~ ちょろけんと大神楽(だいかぐら) ~ 」を開催します。

 令和3年は、現在の大阪城天守閣が昭和6年(1931年)に復興してから90周年を迎えます。記念の年の幕開けを告げる本イベントでは、江戸時代から明治期にかけてお正月の祝福芸として大阪で親しまれた「ちょろけん」と、祝福芸として全国的になじみの深い神事芸能「大神楽」をご覧いただきます。「大神楽」の獅子舞は、疫病を祓(はら)う力があると信じられました。

 本年は、新型コロナウイルス感染症の流行、またその影響により新しい生活様式への対応が求められるなど、世の中が大きく変動し苦難の1年となりました。新たな年は、健やかに暮らせる泰平の世となることを願い、市民の皆様とにぎやかなお正月を迎えたいと考えています。

1.開催概要

期間

令和3年1月2日(土曜日)から令和3年1月3日(日曜日)まで

(注)雨天中止

時間

両日ともに、1回目11時から、2回目12時から、3回目14時から、4回目15時から

1日4回実施 各回20分程度

場所

大阪城天守閣前本丸広場(大阪市中央区大阪城1-1

料金

無料 ただし、天守閣入館の際は入館料が必要

大人600円 中学生以下、大阪市在住65歳以上の方(要証明)、障がい者手帳等ご持参の方は無料

2.イベント内容

(1)ちょろけん登場

出演:東西屋

 江戸時代、大坂(大阪)や京都で正月に行われていた門付芸(かどづけげい)(注)のひとつが「ちょろけん」です。明治時代に入ってすたれましたが、昭和の初めに、上方文化研究者の南木芳太郎(なんきよしたろう)氏を中心とする上方郷土研究会によって復活が試みられ、昭和8年(1933年)の大阪商工祭などで披露されました。今回登場する「ちょろけん」は、その頃撮影された古写真や、南木芳太郎氏の監修のもと浮世絵師の三世長谷川小信(のち三世長谷川貞信)が描いた「大阪風俗図巻」などを参考にして、大阪城天守閣が平成の世に復活させたものです。

(注)門付芸 家々をめぐって披露された芸能のこと。

ちょろけん 画像
別ウィンドウで開く

ちょろけん(過去実施の様子)東西屋

上方郷土研究会が復興したちょろけん 画像
別ウィンドウで開く

上方郷土研究会が復興したちょろけん(昭和7・8年頃撮影)
(大阪城天守閣所蔵古写真)

(2)大神楽の披露

出演:豊来家一門

 大神楽は「太神楽」「代神楽」「太々神楽」とも書かれ、獅子舞と放下芸(ほうかげい)(曲芸)で構成される神事芸能で、国指定重要無形民俗文化財の伊勢大神楽、東京都指定無形民俗文化財の江戸太神楽、茨城県指定無形民俗文化財の水戸大神楽がわが国の「三大神楽」と呼ばれます。豊来家一門は、このうち水戸大神楽の系譜を引く一門で、現在大阪を拠点に活躍中であり、平成28年度には文化庁芸術祭の優秀賞を受賞しました。今回は獅子舞と放下芸をご披露いただきます。

放下芸 画像
別ウィンドウで開く

放下芸 豊来家一門

獅子舞 画像
別ウィンドウで開く

獅子舞 豊来家一門

3.その他

  • イベント内容は予告なく変更又は中止になる場合がございます。
  • 雨天の場合は中止となります。天候不良の際は大阪城天守閣までお問合せください。
  • イベントの詳細は大阪城天守閣ホームページに記載します。

4.イベントにおける新型コロナウイルスの感染防止対策について

(1)参加者へのお願い

  • 軽度であっても、発熱・咳・咽頭痛などの症状がある方は参加をご遠慮ください。
  • マスクの着用をお願いします。
  • イベント見学の際は、周りの方と十分な距離を確保してください。
  • 大きな声での掛け声や応援はご遠慮ください。
  • 会場に「大阪コロナ追跡システム」の二次元コードを設置しますので、積極的なご登録をお願いします。

(2)会場での予防対策

  • パフォーマンスエリア脇にアルコール消毒液を設置します。
  • イベントスタッフもマスクを着用します。
  • 感染状況により、イベント内容・形式・出演者等が変更になる場合があります。

5.問合せ先

大阪城天守閣

探している情報が見つからない

このページへの別ルート

表示