ページの先頭です

令和2年度「はじめましてオーケストラ 〜 大阪フィルと中学生の共演 〜」を開催します

2020年12月21日

ページ番号:522763

 本件については、新型コロナウイルス感染症の影響により内容が一部変更となりました。別途「イベント中止・延期のお知らせ」をご参照ください。

 大阪市では、令和3年3月30日(火曜日)にザ・シンフォニーホールにおいて「はじめましてオーケストラ ~ 大阪フィルと中学生の共演 ~ 」を開催します。

 本事業は、日本を代表するオーケストラである大阪フィルハーモニー交響楽団と、市内各中学校吹奏楽部から選抜された中学生のみなさんが共演し、横山 奏(よこやま かなで)氏の指揮で、わかりやすい解説を交えながら親しみやすいオーケストラ作品を中心に演奏します。

 さらには、大阪フィルハーモニー交響楽団による演奏や、ご来場された方の中から希望者を募って行う飛び入り指揮者体験コーナーなど、クラシック愛好者だけでなく初めての方にも気軽に楽しんでいただけるような、多彩なプログラムでお届けします。

1.日時

令和3年3月30日(火曜日)

  • 開場:17時30分
  • 開演:18時30分
  • 終演:20時30分(予定)

2.会場

ザ・シンフォニーホール(大阪市北区大淀南2-3-3

JR大阪環状線「福島」駅下車、徒歩約700メートル

大阪シティバス「大淀南1丁目」下車、徒歩約300メートル

3.対象者

小学生以上

(注)未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。

4.入場料

800円(全席指定席)

5.定員

約1,000名

6.チケット販売

令和3年2月9日(火曜日)10時から販売開始

  • 大阪フィル・チケットセンター 電話:06-6656-4890(月曜日から金曜日:10時から18時まで、土曜日:10時から13時まで)
  • ザ・シンフォニーチケットセンター 電話:06-6453-2333(10時から18時まで、火曜日を除く)
  • ローソンチケット Lコード:52472

(注)残席がある場合のみ、公演当日会場にて開場時間より当日券を販売します。

7.内容

指揮

横山 奏(よこやま かなで)

共演

大阪市内中学生のみなさん

管弦楽

大阪フィルハーモニー交響楽団

プログラム

大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏

  • J.ウィリアムズ/オリンピック・ファンファーレ
  • ホルスト/「セントポール組曲」より“ダーガソン”
  • 【指揮者体験コーナー】ブラームス/ハンガリー舞曲第5番より
  • エルガー/行進曲「威風堂々」第1番

(注)曲目・曲順は変更になる場合があります

中学生と大阪フィルハーモニー交響楽団の共演

  • J.シュトラウス2世/トリッチ・トラッチ・ポルカ
  • アンダーソン/ホームストレッチ
  • ドヴォルザーク/スラヴ舞曲 第1番 ハ長調 作品46-1
  • ビゼー/「アルルの女」第2組曲より“ファランドール”
  • チャイコフスキー/バレエ組曲「くるみ割り人形」より“花のワルツ”
  • サン=サーンス/歌劇「サムソンとデリラ」より“バッカナール”
  • スーザ/行進曲「星条旗よ永遠なれ」
  • 八木澤教司/明日という日が

(注)曲目・曲順は変更になる場合があります

8.ご鑑賞時の注意事項

 新型コロナウイルスの感染状況により、中止又は内容が変更になる場合があります。

 感染症対策のため、会場スタッフの指示及び下記事項について遵守してください。お守りいただけない場合は、入場をお断りします。あわせて、大阪コロナ追跡システム及び厚生労働省「COCOA」への登録にご協力ください。

  • 会場内でのマスクの着用(マスクが無い場合は入場いただけません)
  • 入場時の手指の消毒
  • 受付時の検温(37.5度以上または、平熱より0.5度超の発熱がある場合は入場できません)
  • 楽屋口での出待ち、出演者への面会、プレゼントや差し入れ等はお断りします。

9.出演者プロフィール

横山 奏 (指揮) YOKOYAMA Kanade,Conductor

 札幌市出身。北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コースを卒業後、桐朋学園にて学び、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程を修了。

 平成30年(2018年)第18回東京国際音楽コンクール〈指揮〉にて第2位&聴衆賞を受賞。

 平成22年(2010年)、平成25年(2013年)インターラーケン(スイス)にて行われたユングフラウ音楽祭の指揮マスタークラスを受講。平成23年から25年まで(2011年から2013年まで)、平成27年(2015年)キュンストラーハウス・ボズヴィル(スイス)にて開かれたマスタークラスを受講、優秀受講生としてアルゴヴィア・フィルを指揮し、平成23年(2011年)には同オーケストラメンバーの投票によりオーケストラ賞第1位を受賞した。平成29年(2017年)、4年に一度オランダにて開かれる吹奏楽の祭典、WMC Kerkradeでの指揮者コンクールにおいて、世界9か国からの事前審査によって選ばれた参加者の中からファイナルへ進み、第3位を受賞。

 平成27年(2015年)4月より二年間、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の指揮研究員として、同楽団定期演奏会やオペラ公演でのアシスタントを数多く務め、高関健氏、飯守泰次郎氏をはじめとする指揮者・楽団員から厚い信頼を得た。これまでに指揮をダグラス・ボストック、尾高忠明、高関健、中村隆夫、黒岩英臣の各氏に師事。

大阪フィルハーモニー交響楽団 OSAKA PHILHARMONIC ORCHESTRA

 昭和22年(1947年)、朝比奈隆を中心に「関西交響楽団」という名称で創立、昭和35年(1960年)改称。創立から平成13年(2001年)までの55年に亘り朝比奈隆が音楽総監督・常任指揮者を務めた。大植英次音楽監督時代には「星空コンサート」「大阪クラシック」といった大型プロジェクトで注目を集め、平成26年から28年まで(2014年から2016年まで)シーズンは井上道義を首席指揮者に迎え、「ショスタコーヴィチ/交響曲第4番」「交響曲第7番」「交響曲第11番」の録音で高い評価を得た。平成30年(2018年)4月、尾高忠明が音楽監督に就任。

 現在、フェスティバルホール(大阪・中之島)を中心に全国各地で演奏活動を展開している。平成29年度(2017年度)文化庁芸術祭・優秀賞受賞。平成29年度・30年度(2017年度・2018年度)関西音楽クリティック・クラブ賞本賞、大阪文化祭賞を二年連続で受賞。令和2年(2020年)「ブラームス/交響曲第2番・第3番」「ブラームス/交響曲第4番」「ブルックナー/交響曲第3番」3枚のCDをリリース。

【公式ホームページ】http://www.osaka-phil.com/別ウィンドウで開く

探している情報が見つからない