ページの先頭です

大阪港ベイエリアにおける「空飛ぶクルマ」の社会実装に向けた実証実験を支援します

2021年10月25日

ページ番号:547758

 大阪府、大阪市、大阪商工会議所で構成する「実証事業推進チーム大阪(以下、「推進チーム」という。)」は、株式会社SkyDrive(以下、「SkyDrive」という。)が大阪港ベイエリアで実施する実証実験を支援します。
 今回の実証実験は、SkyDriveが既に市場化されているカーゴドローンを使用し、大阪港ベイエリア(中央突堤)において海上飛行実験をし、海風の影響、バッテリー消費や充電の頻度・時間等のデータを収集・分析を行い、「空飛ぶクルマ」の最適な運航及び充電スケジュール等について検証するものです。
 今後も推進チームでは、実証支援の取り組みを積み重ね(令和2年度に実施した実証実験については、参考資料「大阪における実証実験 令和2年度の支援実績」をご覧ください)、大阪における新たなビジネス創出に取り組みます。

実証実験概要

実施日

令和3年10月22日(金曜日)、23日(土曜日)

実施場所

大阪港中央突堤(大阪市港区海岸通1-5
(注)関連した取組が天保山マーケットプレース(大阪市港区海岸通1-1-10)で実施されます。詳しくは下記の「参考」をご確認ください。

実施主体

株式会社SkyDrive(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:福澤 知浩 氏)

問合せ先

大阪商工会議所 産業部 産業・技術担当
担当:野間・瀧本・吉村
電話:06-6944-6300 ファックス:06-6944-6249

参考

  • SkyDrive、大阪府、大阪市は、令和3年9月に「大阪府、大阪市と株式会社SkyDriveとの『空飛ぶクルマ』の実現に向けた連携協定」(以下、「連携協定」という。)を締結し、科学技術の発展、防災機能の強化、イノベーションの創出、大阪の地域活性化、産業振興及び2025年大阪・関西万博に向けた機運醸成等を推進することとしています。
     なお、本実証実験は、SkyDriveが、大阪府が公募した「空飛ぶクルマの実現に向けた実証実験」に対する補助金の交付を受け、株式会社大林組(本社:東京都港区、代表取締役社長:蓮輪 賢治 氏)、関西電力株式会社(本店:大阪市、代表執行役社長:森本 孝 氏)、近鉄グループホールディングス株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:小倉 敏秀 氏)、東京海上日動火災保険株式会社(本店:東京都千代田区、取締役社長:広瀬 伸一 氏)と共同で、「大阪港ベイエリアにおける、空飛ぶクルマによるエアタクシー事業性調査」の一環として実施するものであり、今回の実証実験で得られた結果についても、大阪府が設置する「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」で共有される予定です。

  • 関連した取組として、SkyDriveは連携協定に基づき、前出の4社と共同で、「空飛ぶクルマ」のSD-03展示モデルの展示、安全面への取組や地域への賑わい創出効果等の説明・紹介を通して「空飛ぶクルマ」の認知度や社会受容度を確認する取組を実施します。
    1実施日時:令和3年10月22日(金曜日)、23日(土曜日)各日11時から17時まで(予定)
    2場 所:天保山マーケットプレース(大阪市港区海岸通1-1-10

参考資料

探している情報が見つからない