ページの先頭です

自殺防止について

2019年8月19日

ページ番号:8093

 全国の自殺者数は、平成10年に急増して以降、毎年3万人を超える状況が続き、平成24年以降3万人を下回っているものの、依然として2万人を超える状態となっています。
 
 平成28年4月 「自殺対策基本法(平成18年法律第85号)」一部改正
 平成29年7月 「自殺総合対策大綱(平成24年8月28日閣議決定)」一部改正

 現在、国と地方公共団体が連携して対策を進めています。
 

大阪市の自殺の状況

 大阪市においても、全国の自殺者数の推移とほぼ同じ傾向にあり、年間で600人近くの方が自殺によりなくなられている状況が続いています。

大阪市の自殺の状況:その推移と平成29年の現況

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

平成29年中と28年中における大阪市の自殺の状況比較

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

大阪市自殺対策基本指針について

 大阪市では、国の自殺総合対策大綱に基づく大阪市の自殺対策の指針として、平成21年4月に「大阪市自殺対策基本指針」を策定しました。

 その後、平成28年4月の自殺対策基本法の改正及び平成29年7月の自殺総合対策大綱の改正を踏まえ、「大阪市自殺対策基本指針(第2次)」を策定し、「誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現」を目指して自殺対策を推進していくものとしています。
 

大阪市自殺対策基本指針(第2次)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

自殺予防啓発キャンペーンについて

 大阪市では、9月10日から9月16日までの自殺予防週間および3月の自殺対策強化月間の取り組みとして、毎年「自殺予防街頭啓発キャンペーン」を実施しています。
 自殺で亡くなる方は、平成24年は15年振りに全国で年間3万人台を下回りましたが、まだまだ多い状況に変わりありません。自殺は様々な要因が複雑に関係し、心理的に追い込まれた末の死であり、防ぐことのできる社会的な問題であると言われています。
 現在、大阪市の自殺者数は全国の自殺者数の推移とほぼ同じ傾向にあり、年間で約600人近くの方が自殺により亡くなられている状況が続いています。
 このような中、平成28年4月に改正された自殺対策基本法第7条において、「毎年9月10日から16日までを自殺予防週間・毎年3月を自殺予防月間として設定し、国、地方公共団体、関係機関、関係団体等が連携して啓発活動を推進する」ことが定められいることから、本キャンペーン等を行っているものです。

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市こころの健康センター
電話: 06-6922-8520 ファックス: 06-6922-8526
住所: 〒534-0027 大阪市都島区中野町5丁目15番21号(都島センタービル3階)

メール送信フォーム