ページの先頭です

大阪市内を流通する食品の放射性物質検査を実施しています

2020年12月25日

ページ番号:134814

  大阪市では、市民が食肉を購入する食肉販売店等の仕入先である食肉卸売業を対象として牛肉のモニタリング検査を実施してきたところですが、食品中に含まれる放射性物質に関する市民の関心が非常に高いことから、消費者の不安を払拭し、市民の食の安全を確保するため、平成23年7月21日より牛肉の検査を実施し、平成23年8月19日からは大阪府と情報共有しながら、牛肉以外の食品についても、放射性物質のモニタリング検査を実施しています。

 また、平成24年1月26日からは、検査対象品目及び検体件数のさらなる拡充を図るため、地方独立行政法人 大阪健康安全基盤研究所(精密検査)だけでなく、大阪市保健所各生活衛生監視事務所(5ヶ所)、中央卸売市場両食品衛生検査所及び食肉衛生検査所においても放射性物質簡易検査機器を用いて、モニタリング検査を行っています。

1 検査対象施設

大阪市中央卸売市場本場、大阪市中央卸売市場東部市場、大阪市中央卸売市場南港市場、市内食肉処理業(食肉卸売業者:市内約200施設)及び市内量販店

2 検査対象品

牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵、青果物、魚介類、乳・乳製品、米、茶、乳児用食品など
  ・ 国や他の自治体からの情報等より、放射性物質に汚染されている可能性のある品目
  ・ 過去に出荷制限や自粛がかけられ、解除された品目
  ・ 過去に出荷制限や自粛がかけられた地域において生産された他の品目

3 開始年月日

(1)牛肉(精密検査)
  平成23年7月21日
(2)牛肉以外の食品(精密検査)
  平成23年8月19日
(3)市内流通食品(簡易検査)  
  平成24年1月26日

4 検査機関

(1)精密検査
  地方独立行政法人 大阪健康安全基盤研究所
(2)簡易検査
  中央卸売市場食品衛生検査所、中央卸売市場東部市場食品衛生検査所、食肉衛生検査所、大阪市保健所各生活衛生監視事務所(5ヶ所)

5 検査項目

放射性セシウム(セシウム134+137)

6 公表方法

検査結果が判明次第、順次大阪市ホームページ(大阪市内を流通する食品の放射性物質モニタリング検査結果について)に掲載します。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局健康推進部生活衛生課乳肉衛生・動物管理グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-9996

ファックス:06-6232-0364

メール送信フォーム