ページの先頭です

生鮮魚介類配達従業員の取締要綱

2018年12月17日

ページ番号:206870

1 生鮮魚介類配達従業員の範囲

  第1類 魚介類販売業及びその従業員が客の求めに応じ生鮮魚介類の配達を行うもの。

  第2類 魚介類販売業者以外の者で、飲食店あるいは消費者から直接依頼を受けて魚介類市場あるいは産地から生鮮魚介類を運搬するもの。

 

2 登録

  生鮮魚介類配達従業員から、別添様式第1号により願出があった場合、別添様式第2号により登録し、別添様式第3号の従業員証を交付する。

  ただし、登録及び従業員証の有効期間は※4月1日から1年間とし、この期間の中途において登録した場合は、登録の日から残存期間内を有効とする。

 

3 運搬容器

  生鮮魚介類を配達するための運搬容器は、清潔で防じん防虫の構造であり、底部にはすのこを入れ、冷却用氷の溶解水等を排出しうるような構造であること。

 

4 生鮮魚介類配達従業員の遵守事項

(1)従業中は、前記従業員証を常に携帯すること。

(2)配達しうる生鮮魚介類は、丸物及び切身とし、切身は魚介類販売業者の施設において作ったものに限る。

(3)運搬容器は、丸身と切身とを区別し、また塩干物等生鮮魚介類以外の食品と区別すること。

(4)従業にあたっては、まな板、包丁を携行しないこと。

 

5 取締

(1)未登録者は、登録をうけるよう指導すること。

(2)未登録者で悪質と思われる者は、 保健所において厳重訓戒を与えるなど、適当な処置を講ずること。

(3)生鮮魚介類配達従業員の遵守事項に違反のあったときは、 登録を取り消し、従業員証を返還させる等の処置を講ずること。

 

※ 昭和36年度より読みかえ(それ以前は1月1日)。

※ 平成12年3月30日 一部改正(検印の廃止)。

 

様式第1号~第3号

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局健康推進部生活衛生課乳肉衛生・動物管理グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-9996

ファックス:06-6232-0364

メール送信フォーム