ページの先頭です

市民の皆さんへ(市長メッセージ)

2020年2月18日

ページ番号:493155

市民の皆さんにお願いです。

新型コロナウイルス感染症が、国内でも確認されるなど、拡大しています。

大阪市では、「大阪府新型コロナウイルス対策本部」に参画し、関係機関と情報共有するとともに、医療機関等と連携し、感染防止に向けて、全力で取り組んでいるところです。

令和2年2月4日(火曜日)から、どこの医療機関を受診すべきかがわからないという市民の方の不安を軽減し、また、患者を診療体制等の整った医療機関に確実につなぐために、「帰国者・接触者相談センター」を設置しています。

新型コロナウイルス感染症は、発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。そのような症状が出た場合は、相談、受診の目安を参考に「帰国者・接触者相談センター」にご相談、医療機関への受診をお願いします。

また、大阪府においても府民向けの専用電話相談窓口別ウィンドウで開く開設されており、来阪外国人観光客の皆様に向けては、大阪観光局のコールセンター別ウィンドウで開くにおいて、中国人スタッフが対応する専用回線も設置し8言語で対応いただいているところです。

今後、感染者が増加する可能性はありますが、マスクの着用や咳エチケット、手洗い等、通常の感染対策を徹底するとともに、国や大阪府・市が発信する正確な情報に基づき、落ち着いて行動いただくようお願いします。

大阪市では、今後も引き続き、感染防止に向けて、全力で取り組んでまいります。

探している情報が見つからない

このページへの別ルート

表示