ページの先頭です

接種済証明書・接種済証について

2021年11月16日

ページ番号:539674

ワクチン接種後に発行される証明書について

新型コロナウイルスワクチンを接種された方は、1.2回目の接種については接種時に発行される、新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)または新型コロナワクチン接種記録書によりワクチン接種の事実を証明することができます。このページでは、これらの証明書を紛失された方等に再発行等の申請方法をご案内しています。
※新型コロナウイルスワクチンは、予防接種法に基づく臨時接種のため、「予防接種済証(臨時)」と記載がありますが、後日正式な証明書が発行されるという意味ではありません。接種を証明するものとなりますので、接種後も大切に保管してください。

既にお持ちではありませんか?

予防接種済証(臨時)または接種記録書をお持ちの方は、どちらの書類もワクチン接種の事実を示す書類になるため、原則、申請の必要はありません。証明書の申請が必要かどうか再度ご確認の上、ご申請ください。

予防接種済証および接種記録書(見本)

接種済証の再発行について

「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」を紛失等でご希望の場合は、申請により証明書を発行します。

申請方法

各区保健福祉センター窓口で申請してください。

※都島区につきましては、受付窓口は都島区保健福祉センター分館となりますのでご注意ください。

添付書類

「新型コロナウイルスワクチン接種済証明書発行申請書」に以下の書類を添付してください。

1.本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)

2.接種日及び接種場所がわかる書類(接種済証、予約票など)があればあわせて提出してください。

代理人が申請する場合は上記の書類に加え、委任状と代理人の本人確認書類を提出してください。

対象者

新型コロナワクチン接種時に大阪市に住民票のある者または大阪市発行の接種券を使用しワクチン接種を行った方

手数料

証明書1通につき250円

注意事項

  • 証明書の発行のため接種記録の確認を行います。大阪市外の医療機関等で接種を行った場合や医療機関からの接種記録の報告時期により、証明書発行まで最大で2か月から3か月程度かかることがあります。

予防接種証明書発行申請書

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

新型コロナワクチン接種記録書の交付を受けた方で大阪市が発行する接種済証が必要な方

医療従事者や高齢者施設等の従事者等で、接種券が送付される前に接種券付き予診票で接種を受け、「新型コロナワクチン接種記録書」の交付を受けた方で、大阪市が発行する接種済証が必要な場合は、申請により接種済証を発行します。

申請方法

各区保健福祉センター窓口で申請してください。

※都島区につきましては、受付窓口は都島区保健福祉センター分館となりますのでご注意ください。

添付書類

「新型コロナウイルスワクチン 予防接種済証(臨時)交付願」に以下を添付してください。

  1. 新型コロナワクチン接種記録書の原本
  2. 本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)

代理人が申請する場合は、上記の書類に加え、委任状と代理人の本人確認書類を提出してください。

対象者

医療従事者及び高齢者施設等の従事者などで新型コロナワクチン接種時に大阪市に住民票がある方

手数料

初回の交付に限り発行手数料は無料です。

予防接種済証(臨時)交付願

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

健康局 大阪市保健所 感染症対策課 新型コロナワクチン接種等調整チーム
電話:0570-065670、06-6377-5670(大阪市新型コロナワクチンコールセンター)