ページの先頭です

【新型コロナワクチン】小児(5歳〜11歳)接種について

2022年9月30日

ページ番号:557714

お知らせ

  • NEW 令和4年9月6日(火曜日)より小児(5歳から11歳)の方の追加接種(3回目接種)の開始に伴い、追加接種(3回目接種)の接種券を令和4年9月26日(月曜日)から順次発送します。

1 ワクチン接種の必要性について

 新型コロナウイルス感染症のオミクロン株の流行に伴い、感染者全体に占める小児の割合が増えていることや、小児における中等症や重症例の割合は少ないものの重症に至る症例数が増加傾向にあることが報告されています(令和4年2月現在)。また、基礎疾患がある小児では、新型コロナウイルスに感染することで重症化するリスクが高くなると言われています。
 今後、様々な変異株の流行が想定されること、現時点において、特に重症化リスクの高い基礎疾患を有する5~11歳の小児に対して接種の機会を提供することが望ましいと考えられることから、厚生労働省の審議会で議論された結果、予防接種法に基づく接種に位置づけ、小児を対象にワクチン接種が実施されることとなりました。

2 小児(5~11歳)の接種の努力義務について

 新型コロナワクチンの接種については、予防接種法第9条において「予防接種を受けるよう努めなければならない。」との規定があり、いわゆる「努力義務別ウィンドウで開く」と呼ばれていますが、義務とは異なります。接種は強制ではなく、最終的にはあくまでも、本人や保護者が納得した上で接種にご協力いただきたいという趣旨です。

 当初は、この規定は適用されていませんでしたが、オミクロン株流行下での小児の感染動向や、オミクロン株流行下における有効性及び安全性に関する知見等を踏まえ、令和4年9月6日から、小児(5~11歳)についてもこの規定が適用されることとなりました。

3 保護者の方・小学生の方へのお願い

保護者の方へのお願い

 接種は強制ではありません。

 ワクチンの予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けていただくものです。接種するメリット(期待できること)とデメリット(副反応等)を考慮いただき、接種を受けるご本人(お子さま)と保護者の方でよく相談のうえ、接種を受けるかどうかご判断ください。

 ワクチン接種後も引き続き、マスクの着用や石けんによる手洗い、手指消毒用アルコールによる消毒などの基本的な感染対策の継続をお願いします。

小学生(しょうがくせい)のみなさまへ

 新型(しんがた)コロナワクチンの接種(せっしゅ)は強制(きょうせい)ではありません。まわりに強制(きょうせい)したり、接種(せっしゅ)していないことを理由(りゆう)に差別(さべつ)することのないようにしましょう。体質(たいしつ)によって、受(う)けたくても受(う)けられないお友(とも)だちもいます。

もしワクチンを受(う)ける受(う)けないということで、なやんでいたら、親(おや)や学校(がっこう)の先生(先生)など、相談(そうだん)しやすい大人(おとな)に相談(そうだん)してください。

いじめ・嫌がらせ等に関する相談窓口

「学校生活(がっこうせいかつ)でなやんでいるあなたへ~相談先(そうだんさき)のあんない~」

https://www.city.osaka.lg.jp/kyoiku/page/0000179796.html

4 ワクチンを受ける前に知っていただきたいこと(効果と副反応など)

 接種で使用するワクチンやワクチンの効果と副反応に関する情報、接種にあたっての注意点などについて、下記の大阪市ホームページに掲載しています。

 接種するメリット(期待できること)とデメリット(副反応等)を考慮いただき、接種を受けるご本人(お子さま)でよく相談のうえ、接種を受けるかどうかご判断ください。

5 接種対象者

接種対象者

 接種種別

接種対象者
初回接種(1・2回目接種)5歳から11歳の大阪市民の方
追加接種(3回目接種)2回目接種後、5か月以上経過した5歳から11歳の大阪市民の方

6 実施期間

令和5年3月31日(金曜日)まで

7 接種券の発送

接種対象の方に、接種券を順次発送します。接種券の発送スケジュールなど詳細については、下記の大阪市ホームページをご確認ください。

届いた接種券は、予約・接種時まで大切に保管してください。

8 使用するワクチン(接種回数・接種間隔・対象年齢)

使用ワクチンと接種回数・接種間隔・対象年齢
 初回接種(1回目・2回目接種)追加接種(3回目接種)
使用ワクチンファイザー社(5~11歳用)ファイザー社(5~11歳用)
接種回数2回1回
接種間隔通常、3週間(※1)2回目接種後5か月以上
接種対象年齢1回目の接種日に5~11歳(※2)3回目の接種日に5~11歳

(※1) 1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません。できるだけ速やかに2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。

(※2) 初回接種については、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だった方が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも1回目と同じ小児用ワクチンを使用します。

他のワクチンとの接種間隔

  • インフルエンザワクチンは、新型コロナワクチンと同時に接種を受けることができます。
  • 前後にインフルエンザ以外の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。

ファイザー社の小児用ワクチンについて

ワクチンを接種される方や保護者の方は、効果や副反応などの記載された「新型コロナワクチンの説明書」(厚生労働省ホームページ「新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材別ウィンドウで開く」参照)を事前に読んでおいてください。

(注)現在、何らかの病気にかかって、治療(投薬など)を受けている方は、その病気を診てもらっている医師にあらかじめ接種してよいかをご確認ください。

9 接種費用

無料(全額公費負担)で接種できます。

10 接種場所

小児科、もしくは小児の診療を行う医療機関(取扱医療機関)で接種できます。

取扱医療機関については、大阪市ホームページ「新型コロナワクチン接種を実施する個別接種(取扱医療機関)について」及び「大阪市コロナワクチンマップ」からご確認いただけます。

(注)集団接種会場では接種できませんのでご注意ください。

11 予約方法

接種を希望する取扱医療機関に直接ご予約ください。

12 接種当日にお持ちいただくもの

接種当日にお持ちいただくもの
初回接種(1・2回目接種)追加接種(3回目接種)
・接種券
・予診票(あらかじめ記入の上、お持ちください)
・接種される方の本人確認書類(健康保険証等)
・母子健康手帳
・接種券一体型予診票(あらかじめ記入の上、お持ちください)
・接種される方の本人確認書類(健康保険証等)
・母子健康手帳

 (注)上記に加えて、お薬手帳をお持ちいただくと問診がスムーズです。

13 保護者の同意・同伴について

保護者の方の同意及び同伴が必須です。

14 留意事項

 新型コロナワクチンの接種を受けることは強制ではありません。周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていないことを理由に差別的な対応をすることのないようお願いします。

15 問合せ先

大阪市新型コロナワクチンコールセンター

お問い合わせはこちら

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

健康局 大阪市保健所 感染症対策課 新型コロナワクチン接種等調整チーム
大阪市新型コロナワクチンコールセンター(電話:0570-065670、06-6377-5670)