ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症の診断を受けた場合の就業について

2022年3月9日

ページ番号:560053

就業について

本市では新型コロナウイルス感染症の診断を受けた方については療養の解除の日までは、次の業務に従事しないことの協力を求めています。

  • 飲食物の製造、販売、調製又は取扱いの際に飲食物に直接接触する業務
  • 接客業その他多数の者に接触する業務

令和4年1月31日以降に医療機関から発生届の届出があった方

本市としては、原則就業制限を行わず、「就業制限通知書」及び「就業制限解除確認結果通知書」の発行も行いません。

この場合、大阪市保健所(各区保健福祉センターも含む)からの入院勧告や自宅療養・宿泊療養の協力依頼に基づいて療養をした場合の期間の証明につきましては「療養期間証明書」の発行を行います。

「療養期間証明書」の詳細につきましては本ページの下部のリンク先を参照ください。

令和4年1月30日までに医療機関から発生届の届出があった方

「就業制限通知書」の発行を行い、就業制限が解除されているかどうかの確認の求めがあった場合には、「就業制限解除確認結果通知書」の発行を行っておりました。

今後求めがあった場合には、「就業制限解除確認結果通知書」または「療養期間証明書」のいずれかを発行します。

なお、新型コロナウイルス感染症の診断を受けた医療機関の所在地や患者のお住いによっては、本市ではいずれか一方のみの発行しかできない場合や、どちらの書類も発行できない場合があります。

就業を再開する場合の陰性証明等について

厚生労働省の通知により、就業制限の解除については、医療保健関係者による健康状態の確認を経て行われるものであるため、解除された後に職場等で勤務を開始するに当たり、職場等に医療機関・保健所等による退院若しくは宿泊・自宅療養の証明又はPCR検査等若しくは抗原定性検査キットによる陰性証明等を提出する必要はないとされています。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

健康局 大阪市保健所 感染症対策課 新型コロナウイルス感染症対策グループ
住所: 〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-1000号(あべのメディックス4階)
電話:06-6647-0797

このページへの別ルート

表示