ページの先頭です

令和4年4月 新型コロナ受入病床の確保に向けた制度の継続について

2022年8月31日

ページ番号:563578

新規コロナ感染症患者の急増時に備え、現行病床協力金による運用期間終了後の病床確保に向け、協力金制度を継続して実施します。

※この制度は終了しました。

新型コロナ患者受入病床協力金(第11弾)について

協力金制度の内容(第11弾)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

新型コロナウイルス感染症患者受入病床の確保に関するご協力のお願いについて

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

協力金制度の内容

1 対象医療機関

対象医療機関
 対象医療機関運用期間
1令和4年1月協力金交付要綱及び令和4年2月協力金交付要綱の協力金の交付対象となった受入病床を継続運用している病院
【第9弾、第10弾協力病院】
令和4年4月1日~令和4年6月30日
2令和4年2月8日から同年3月31日までに、次のア又はイの受入病床を、大阪府へ登録(注1)のうえ、当該病床の運用(注2)を開始した大阪市内の病院(※公立・公的・私立を問わない。)。
ア 新たに増床(注3)された受入病床。
イ 新たな新型コロナウイルス感染症患者受入医療機関により設置された受入病床。

(注1)登録とは、大阪府が通知する、新型コロナウイルス感染症患者の受入要請通知において、受入病床の確保要請を受けたことをいう。

(注2)運用とは、大阪府へ提出する「新型コロナウイルス感染症患者等の受入病床の運用に関する報告」に記載のとおり運用することをいう。

(注3)増床とは、すでに受入病床を運用している新型コロナウイルス感染症患者受入医療機関が、府に提出済みの「病床運用計画」の最大確保数よりも、更に受入病床を増加させることをいう。

 

※対象医療機関の『2』に該当する場合は、⼤阪府へ新型コロナウイルス感染症患者受⼊病床の登録申請が必要です。(事務に⼀定時間を要するため、速やかに⼤阪府へ連絡してください。)

※連絡先  ⼤阪府健康医療部保健医療室保健医療企画課計画推進グループ(病床確保班)
   電話番号︓06-6944-6028
     ⼤阪府ホームページ http: / /www.pref .osaka. lg. jp/hokeni ryokikaku/byosyokakuho/ index.html別ウィンドウで開く

2 対象病床

令和4年6月30日(木曜日)まで継続的に運用いただける対象病床に対して、1床あたり10,000,000円の協力金を支給します。

問合せ先

大阪市保健所保健医療対策課

電話:06-6647-0671

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局大阪市保健所保健医療対策課

住所:〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-1000号(あべのメディックス10階)

電話:06-6647-0679

ファックス:06-6647-0804

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示