ページの先頭です

道頓堀川水辺空間利用にかかる管理運営予定者選定委員会設置要綱

2021年11月24日

ページ番号:256546

(設置)

第1条 一級河川・道頓堀川の河川敷地占用許可準則に基づく都市・地域再生等利用区域の指定範囲において、水辺空間利用にかかる管理運営を行う事業者を選定しようとするときは、学識経験者その他市長が適当と認めた者から意見を徴するため、道頓堀川水辺空間利用にかかる管理運営予定者選定委員会(以下「選定委員会」という。)を設置するものとする。

(組織)

第2条 選定委員会は、委員4名以内で組織する。

2 委員は、経済、まちづくり、経営、法律等に関する学識経験者その他市長が適当と認めた者の中から、市長が委嘱する。

(座長)

第3条 選定委員会に座長を置き、委員の互選によりこれを定める。

2 座長は、選定委員会を代表し、議事その他の会務を総理する。

3 座長に事故があるときは、あらかじめ座長の指名する委員がその職務を代理する。

(会議)

第4条 選定委員会の会議は、座長が招集する。

2 選定委員会の会議は、委員の半数以上が出席しなければ、会議を開くことができない。

3 選定委員会は非公開とする。

(選定)

第5条 選定委員会は、道頓堀川水辺遊歩道における水辺空間利用にかかる管理運営を行う事業者公募(以下「事業者公募」という。)で提出された関係書類の内容を検討し、合議により上位第5位まで順位をつけて市長に報告するものとする。ただし、選定対象者が1者の場合は、選定委員会はその者の管理運営事業者としての適格性等を審査し、市長に報告するものとする。

2 選定委員会は、前項の報告を行うため、選定方法、選定基準その他選定に必要な事項について決定することができる。

3 選定委員会は、事業者公募に係る募集要項の策定について意見を述べることができる。

4 選定委員会は、必要があると認めるときは、関係者の出席を求め、その意見又は説明を聴くことができる。

(委員の守秘義務)

第6条 委員は、選定委員会の職務上知り得た秘密を他人に漏らしてはいけない。その職務を退いた後も同様とする。

(委員の解嘱)

第7条 委員は、第5条の規定による市長への報告をもって解嘱するものとする。

(庶務)

第8条 選定委員会の庶務は、建設局下水道河川部河川課において行う。

(施行細目)

第9条 この要綱の施行について必要な事項は、建設局長が定める。

附則

この要綱は、平成26年2月28日から施行する。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局企画部河川課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06-6615-6833

ファックス:06-6615-6583

メール送信フォーム