ページの先頭です

「大阪市無電柱化推進計画 基本方針(素案)」について

2019年11月11日

ページ番号:431019

「大阪市無電柱化推進計画 基本方針(素案)」

 大阪市では、平成28年12月16日に施行された「無電柱化の推進に関する法律」に基づき、「大阪市無電柱化推進計画」の策定に向けた検討を進めており、このたび、無電柱化推進に向けて長期的な整備目標及び基本的な考え方を「大阪市無電柱化推進計画基本方針(素案)」としてまとめましたので、お知らせします。

 本市では、都市防災機能の向上、歩行者空間の安全・快適性の確保、都市魅力の向上を図ることを目的として、道路上の電線類を地中化し、電柱を撤去する無電柱化を進めています。

 本市における電線類の地中化事業は、市が管理する幹線道路760キロメートルを対象に、昭和61年度から始まった国の電線類地中化5ヵ年計画に合わせて取り組んでいます。

 平成30年度には、国、大阪府の無電柱化推進計画を踏まえて、基本方針(素案)を精査し、基本方針(案)を作成するとともに、中期的な整備目標と当面の目標として概ね10年で整備すべき計画を整備計画(案)としてとりまとめ、パブリック・コメント手続きを行い、「大阪市無電柱化推進計画」として策定していきます。

本市における無電柱化に関するこれまでの取り組み

  • 幹線道路760キロメートルを対象に、昭和61年度からの国の5か年計画にあわせて取り組んでいます。
  • その中でも、大阪市地域防災計画に定められた緊急交通路を優先して整備しています。
  • 幹線道路以外は、地域と協働したまちづくりに資する路線を整備しています。

大阪市無電柱化推進計画の基本方針(素案)について

  • 「無電柱化の推進に関する法律(平成28年12月16日施行)」に基づき、「大阪市無電柱化推進計画」の策定に向けた検討を進めています。
  • このたび、無電柱化推進に向けての本市の「長期的な整備目標」及び「基本的な考え方」を「大阪市無電柱化推進計画基本方針(素案)」として、とりまとめます。

長期的な整備目標

  • 幹線道路760キロメートルすべての無電柱化を推進します。
  • 幹線道路以外については、都市防災機能、歩行者空間の安全・快適性、都市魅力の観点を考慮し、必要な路線の無電柱化を行います。

無電柱化推進のための基本的な考え方

  1. 新たな財源確保と多様な整備手法の活用によるコスト縮減
  2. 官民連携による整備の推進
  3. 選択と集中による効果的な整備の推進

整備対象路線やエリアを抽出する考え方を定めます。

都市防災機能の向上

  • 幹線道路760キロメートルのうち、大阪市地域防災計画に定める緊急交通路の整備を優先します。
  • 緊急交通路から主要な防災拠点へのアクセスルートの整備を優先します。

歩行者空間の安全・快適性の向上

  • 人通りの多い駅周辺等のバリアフリー化が必要な道路、学校周辺の通学路、歩行者が路側帯内にある電柱を避けて車道にはみ出すような道路等、安全かつ円滑な交通の確保のために必要な道路における整備を優先します。

都市魅力の向上

  • 「大阪都市魅力創造戦略2020」の重点エリア等の整備を優先します。
  • 「大阪市景観計画」に定める都心景観形成区域・重点届出区域内の整備を優先します。
  • 民間開発との相乗効果が期待できるエリアの整備を優先します。

大阪市無電柱化推進計画 基本方針(素案)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局道路部道路課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06-6615-6782

ファックス:06-6615-6582

メール送信フォーム