ページの先頭です

「大阪城さくら満開の会」に新たなサポーターをお迎えします

2019年5月22日

ページ番号:453224

 大阪市では、日本を代表する歴史公園であり、大阪観光の拠点である大阪城公園に、市民や企業の皆さまとともに桜を植樹し、訪れる多くの方々をお迎えするための寄附事業「大阪城さくら満開の会」(平成30年4月3日発表済み)を進めており、この度、この取り組みをより一層盛り上げるため、独立行政法人造幣局理事長、川嶋真様が新たにサポーターとしてご就任くださいましたので、お知らせします。

 新たに造幣局と連携を深めることにより、大川沿いに存在する桜の名所、大阪城公園と造幣局との回遊性が向上し、これまで以上に地域の賑わい創出に寄与するものと期待されます。

 当事業には、皆さまから約2,000万円、約760件(平成30年11月15日現在)のご寄附のお申込みをいただいており、今年度、第1期目のさくらの植栽を開始する予定です。また、さくらの植樹開始を記念しまして、平成31年3月ごろには植樹セレモニーの開催も予定しております。

 市民の皆さまや国内外からお越しのお客さまに、国際観光都市大阪のシンボル大阪城天守閣と満開の桜という、他にはない景色を楽しんでいただけるよう、今後とも多くの皆さまからのご支援・ご協力をお待ちしております。

「大阪城さくら満開の会」イメージ図

「大阪城さくら満開の会」イメージ図

1.サポーターからいただいたメッセージ

川嶋理事長

 造幣局といえば「桜の通り抜け」といわれるほど、桜の開花時に造幣局の通路を一般に開放するこの行事は、明治16年(1883年)以来、浪速の春を飾る風物詩として、大阪市民をはじめ多くの人々に愛されています。
  「大阪城さくら満開の会」の取組みにより、大阪城公園でも造幣局と同種の八重桜が新たに植樹されることで、大阪を訪れる皆さまが大阪城と造幣局で桜の花をより一層楽しんでいただけるものと期待しています。ともに大川一帯を美しい桜の花で満開にしていきましょう。

独立行政法人造幣局   理事長 川嶋 真

2.第1期目さくら植栽予定

 第1期目のさくら植栽工事として、平成31年3月末までに、森ノ宮噴水エリアにてサトザクラ約50本の植栽を予定しています。

 また、サクラの植樹にあわせ、浅根性であり、かつ、地下部に比較して地上部が大きくなりやすいことから倒木の危険性が高まっているカイヅカイブキを伐採します。

 

 

問合せ先

<「大阪城さくら満開の会」への募金方法に関する問合せ先>

大阪市総合コールセンター

電話:06-4301-7285 ファックス:06-6373-3302

<事業に関する問合せ先>

大阪市建設局公園緑化部緑化課

〒553-0005 大阪市福島区野田1‐1‐86 大阪市中央卸売市場本場業務管理棟6階

電話:06-6469-3830  受付時間:月曜日~金曜日 9時から17時30分(12時15分から13時は除く)

ファックス:06-6469-3895 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局公園緑化部緑化課

住所:〒553-0005 大阪市福島区野田1丁目1番86号 中央卸売市場本場業務管理棟6階

電話:06-6469-3857

ファックス:06-6469-3895

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示