ページの先頭です

天王寺動物園で春のナイトZOO「SPRING NIGHT ZOO」を開催します!【平成31年3月21日(木曜日・祝日)、23日(土曜日)、24日(日曜日)、30日(土曜日)、31日(日曜日)】

2019年3月20日

ページ番号:461976

 天王寺動物園では、毎回ご好評いただいている春のナイトZOOを平成31年3月21日(木曜日・祝日)、23日(土曜日)、24日(日曜日)、30日(土曜日)、31日(日曜日)の5日間開催します。

 今回は、生物多様性をテーマに動物と私たちのつながりを考えるナイトZOOとなっており、生物多様性についてのガイドをまじえた動物イベントを実施します。

 ポスターは「春が色づく 夜が色づく」をキャッチコピーに、桜と動物たちの幻想的な姿をイメージした親しみやすいデザインとなっています。

 なお、開催内容は天候や動物の体調等により変更・中止する場合があります。

チラシの表面
チラシの裏面

開催概要

開催日

 平成31年3月21日(木曜日・祝日)、23日(土曜日)、24日(日曜日)、30日(土曜日)、31日(日曜日)

開催時間

 20時まで(入園も20時まで)

 通常の開園時間(9時30分から17時)から引き続きお楽しみいただけます。

 事前のお申し込みは不要ですが、混雑状況により、入場制限を行う場合があります。

開催場所

天王寺動物園

〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1-108

各線「天王寺駅」「動物園前駅」「恵美須町駅」「新今宮駅」から徒歩約5分から10分

入園料:大人500円、小中学生200円、未就学児無料

障がい者手帳等をお持ちの方、大阪市内在住・在学の小中学生、大阪市内在住で65歳以上の方は無料(公的証明書の提示が必要です)

年間パスポートでもナイトZOOにご入園いただけます。

動物イベント (予定)

ナイトZOO実施日各日開催

チュウゴクオオカミガイド

チュウゴクオオカミの写真

時間:17時30分
場所:オオカミ舎前
内容:チュウゴクオオカミのおやつタイムとガイドを実施します。

爬虫類生態館「アイファー」ガイド

ナイルオオトカゲの写真

時間:18時
場所:爬虫類生態館「アイファー」
内容:爬虫類生態館「アイファー」にいる動物のガイドを実施します。何の動物のガイドになるかは当日のお楽しみ!

ゾウのお宅公開

時間:18時から19時30分

場所:ゾウ舎

内容:普段は入ることの出来ないゾウの屋内展示場を見学することができます。

アフリカサバンナゾーンの草食動物ガイド

エランドの写真

時間:18時30分
場所:アフリカサバンナゾーン草食ビューポイント
内容:草食動物のおやつタイムとガイドを実施します。

エジプトルーセットオオコウモリのガイド

エジプトルーセットオオコウモリの写真

時間:18時30分から
内容:エジプトルーセットオオコウモリのおやつタイムとガイドを実施します。

テンジクネズミのナイトZOOなでなでタイム

テンジクネズミの写真

時間:18時30分から19時30分
場所:ふれあい広場
内容:開催時間中は自由にテンジクネズミとふれあっていただけます。(テンジクネズミを持ち上げたり、だっこしたりはできません)

その他のイベント

トークカフェ「生物多様性について考えよう」

 「生物多様性ってなに?」という疑問から、日本の生物多様性に対する取り組み、動物園の活動、ESD(持続可能な開発のための教育)等、立場の違う方々をお招きし、様々な観点でお話をします。各回30分程度で、登壇者3名がそれぞれのテーマについてディスカッションします。(聴講者の参加は興味のある分野のみ参加でも、すべて参加でも構いません。)

開催日:3月21日(木曜日・祝日)

開催時間及びトークテーマ:

17時から17時30分まで「生物多様性ってなに?」

17時50分から18時20分まで「ESD(持続可能な開発のための教育)ってなに?」

18時40分から19時10分まで「動物園の生物多様性ってなに?」

場所:多目的広場(雨天の場合はデッキ下イベント広場)

登壇者:

国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)副会長兼事務局長 道家哲平氏

きんき環境館/近畿地方ESD活動支援センター 中澤敦子氏

大阪府立環境農林水産総合研究所 生物多様性センター 近藤美麻氏

天王寺動物園 獣医師 市川晴子

お絵描きイベント&バードフレンドリー®認証コーヒーの試飲会

開催日:3月23日(土曜日)

開催時間:14時から18時まで

場所:多目的広場(雨天の場合はデッキ下イベント広場)

内容:多目的広場に設置した大きな紙に、株式会社サクラクレパスによる提供品を使い、バンタンデザイン研究所と来園者の皆様で動物を描いていただきます。

 また併せて多目的広場にて、「一杯のコーヒーからできることin天王寺動物園」として、購入することにより渡り鳥保護に貢献することができるバードフレンドリー®認証コーヒーの試飲会等を行います。

協力:株式会社サクラクレパス、バンタンデザイン研究所大阪校、小川珈琲株式会社

子ども出張森林教室 ~ クイズに答えて大阪にすむ動物の足跡を押そう ~

開催日:3月24日(日曜日)

開催時間:10時から19時まで

場所:多目的広場(雨天時はデッキ下イベント広場)でクイズ用紙の配布と答え合わせを行います。

内容:ニホンジカ舎など園内のいくつかのポイントに置いてあるヒントを参考に、日本の森林やそこに暮らす動物と人のかかわりにちなんだクイズに挑戦!答え合わせの後は、記念に大阪に生息する哺乳類の足跡を模した実物大スタンプを押すことができます。

協力:林野庁近畿中国森林管理局

ティンガティンガ・アートでクロサイとキリマンジャロ山を描こう

開催日:3月30日(土曜日)、31日(日曜日)

場所:多目的広場(雨天時はデッキ下イベント広場)

来日アーティストの代表作

来日アーティストによる公開制作

開催時間:14時から17時、18時から19時
内容:アーティストがアートを製作している姿をご覧いただけるほか、ティンガティンガ・アート作品の展示を行います。

アフリカのお話と来日アーティストによるお絵描きワークショップ

開催時間:17時から(30分程度)
定員:30名(先着順)
持ち物:絵の具セット(当日、貸出も行います)
内容:アフリカの写真を見て、クロサイなどの野生動物、アフリカ最高峰キリマンジャロ山などの自然、そして現地の生活や私たちの生活の違いなど、生物多様性を感じるお話しをした後、来日中のティンガティンガ・アーティストによるワークショップも開催します!水彩絵の具でクロサイとキリマンジャロを描こう!(作品はお持ち帰りいただけます。)

ティンガティンガ・アートとは

1960年代末、タンザニアで発祥した絵画スタイル。

ティンガティンガという名称は、創始者の名前に由来した。サバンナの動物や豊かな自然、人々の暮らしを、現地ティンガティンガ芸術(工房)で活躍するアーティストたちが、たった6色のペンキを使って、色鮮やかにのびのびと描き出す、アフリカを代表する現代アート。

アートや布雑貨の背景にある物語を感じ、身近に取り入れて、現地の暮らしや文化に親しむことが、遠く離れたアフリカの経済的自立にもつながっていく。

協力:株式会社バラカ

来日アーティストのプロフィール

来日するアーティストの写真

Yafidu Ally Makaka(ヤフィドゥ・A・マカカ)氏
1975年生まれ

タンザニアの首都ダルエスサラームに出てきて理容師として働いていたが、叔父の影響を受け、1991年からアーテイストとして絵を描きはじめた。
美しい色合いと繊細さなタッチで、独自のちょっぴり不思議な動物ワールドを展開中。
「きっかけは、夢の中に出てきた動物たちの姿をキャンバスに描いたことです。」

大型動物と小さな脇役たちが奏でるやさしいストーリー、長老アモンデ氏の作風を受け継ぐ、唯一のアーティスト。
アモンデ氏の逝去にあたり、アモンデの作風を世界に残すべく、製作を始めている。
2017年秋初来日。各地百貨店で公開制作を行い好評を博す。
2017年島岡由美子著「アフリカの民話集 しあわせのなる木」(未来社刊行)の挿絵を担当した。

パネル展「持続可能な開発目標SDGs(エスディージーズ)を学ぼう!」

SDGsの目標ロゴ

開催日:3月19日(火曜日)から31日(日曜日)

場所:デッキ下イベント広場

内容:持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標です。

動物のこと、自分のこと、地球のこと。未来のことを少しだけ考えるきっかけになるよう大阪市や近隣企業等の取り組みをご紹介するパネル展です。

参加団体:おおさかATCグリーンエコプラザ、大阪ガス株式会社、小川珈琲株式会社、株式会社バラカ、サラヤ株式会社、市民局ダイバーシティ推進室男女共同参画課、zoo friends、林野庁近畿中国森林管理局

記念写真ボックスに「ナイトZOO限定フレーム」登場!

限定フレームのイメージ

デッキ下イベント広場横およびトラ屋外展示場向かいにある「記念写真ボックス」に、ナイトZOO限定フレームが登場します!

限定フレーム提供期間:平成31年3月19日(火曜日)から3月31日(日曜日)
(注)ナイトZOO開催日とは異なりますのでご注意ください。
価格:1枚500円。売上の一部が天王寺動物園に寄附されます。
協働事業相手先:株式会社DNPフォトイメージングジャパン


応援団加入特典の缶バッジにナイトZOO限定デザイン登場!

 ナイトZOO開催日は、天王寺動物園をご支援いただく「天王寺動物園応援団・プチ応援団」制度の加入特典としてお渡ししているオリジナル缶バッジに、ナイトZOOオリジナルデザインが登場します!

 缶バッジのデザインは、バンタンデザイン研究所大阪校のみなさまに制作いただきました。みなさまのたくさんの応援をお待ちしております。お申込みはてんしばゲート・新世界各ゲートまで。

ナイトZOOでの注意事項

  • 動物たちが驚いてしまうため、フラッシュ撮影は禁止です。
  • 園内へのアルコールの持ち込みは禁止です。
  • 混雑した場合、入場規制を行う場合があります。
  • 爬虫類生態館「アイファー」への入館は19時45分までとなります。
  • 園内は通行規制を行います。係員の指示に従ってください。
  • 17時以降の入園は混雑が予想されますので、お早めに入園ください。
  • 入園券購入待ちの行列が想定されます。

全国のセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップのコンビニエンスストアにおいて、天王寺動物園の入園券が購入できます。事前に購入いただくことで、入園券購入の待ち時間なく入園できます。(詳しくは、「天王寺動物園の入園券が全国のコンビニエンスストアで購入できます」を参照)

ナイトZOO開催中に観覧できない動物の地図

天王寺動物園の概要

 天王寺動物園公式インスタグラム別ウィンドウで開く始めました!

所在地

 〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1-108

 各線「天王寺駅」「動物園前駅」「恵美須町駅」「新今宮駅」から徒歩約5分から10分

開園時間

 9時30分から17時(入園は16時まで) 

 ただし、5、9月の土曜日、日曜日、祝日は18時まで(入園は17時まで)

入園料

 動物園:大人500円 小中学生200円

(注)障がい者手帳等をお持ちの方、大阪市内在住・在学の小中学生、大阪市内在住で65歳以上の方は無料(公的証明書の提示が必要です)

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局公園緑化部天王寺動物公園事務所管理課

住所:〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1丁目108番(天王寺公園内)

電話:06‐6771‐8404

ファックス:06-6772-4633

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示