ページの先頭です

職員の起訴について

2019年9月25日

ページ番号:464034

 官製談合防止法違反及び公契約関係競売入札妨害等の容疑で大阪地方検察庁に平成31年3月6日(水曜日)付けで逮捕された建設局職員が、平成31年3月27日(水曜日)付けで起訴されました。

 このたびのことは、全市をあげて不祥事の根絶に取り組んでいる中、また、法を守るべき立場にある公務員として、あるまじき行為であり、市民の皆様の本市に対する信頼を著しく失墜させましたことは、誠に遺憾であり、改めて深くお詫び申し上げます。

 今後、当該職員に対し聞き取りを行うなど、速やかに事実関係を確認のうえ、厳正に対処してまいります。

1 当該職員

A 所属:建設局 企画部 工務課 道路公園設備担当
  職種:技術職員(電気)
  年齢:45歳
  本務採用:平成7年4月1日
  担当業務:道路・公園・河川に設置されている電気設備の工事設計業務

B 所属:建設局 企画部 工務課 道路公園設備担当
  職種:技術職員(電気)
  年齢:45歳
  本務採用:平成4年4月1日
  担当業務:道路・公園・河川に設置されている電気設備の工事設計業務

2 事実の概要

 平成31年1月24日(木曜日)に、官製談合防止法違反などの疑いで大阪地方検察庁により強制の家宅捜索を受け、平成31年3月6日(水曜日)に官製談合防止法違反及び公契約関係競売入札妨害等の容疑で大阪地方検察庁に逮捕され、平成31年3月27日付けで起訴されました。

問合せ先

建設局 企画部 工務課 道路公園設備担当(06-6615-7260)、総務部 職員課(06-6615-6442

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない