ページの先頭です

職員の懲戒処分等について

2019年11月29日

ページ番号:486990

 建設局職員が官製談合防止法違反及び収賄等の容疑で起訴された事案を受け、建設局内において各種聞き取り調査を実施したところ、不適正な事案が発覚したことから、一連の不祥事案における管理監督責任と併せて、令和元年11月29日(金曜日)に懲戒処分等を行いました。

 職員の非違行為に対しましては、これまでも厳正に対処してきたところでございますが、今後も、今まで以上に不祥事の再発を防止するため、職員の服務規律の確保により一層努めてまいります。

本人責任にかかる処分等

1 事案の概要

事案1

 製品単価見積業者からの依頼を受け、平成27年11月にメールにより当該業者の見積単価を採用した旨を教示した。

事案2

 平成29年9月、管外出張先において、飲食接待を受けるとともに、工場で昼食(弁当)の提供を受けた。また、管外出張先において、当初徒歩で移動することを予定していた区間について、業者が乗車する車に便乗した。

事案3

 管外出張先において、当初電車(バス)で移動することを予定していた区間について、業者が乗車する車に便乗し、その区間の旅費の精算を行わなかった。

 また、管外出張先において、工場で昼食(弁当)の提供を受けた。

事案4

 管外出張先において、工場で昼食(弁当)の提供を受けた。

その他不適正事案

  • 管外出張先において、当初電車(バス)で移動することを予定していた区間について、業者が乗車する車に便乗し、その区間の旅費の精算を行わなかった。
  • 管外出張先において、当初徒歩で移動することを予定していた区間について、業者が用意した車に乗車した。
  • 管外出張先において、当初徒歩で移動することを予定していた区間について、業者が乗車する車に便乗若しくは工場の循環バスに乗車した。

2 処分内容及び被処分者

事案1

停職3月 係員1名

事案2

停職1月 係員1名

事案3

文書訓告 係長級1名、口頭注意 係員1名

事案4

文書訓告 係長級1名、口頭注意 係員1名

その他不適正事案

建設局において措置

管理監督責任にかかる処分等

 事案1、2に加えて、 平成31年4月24日・令和元年9月25日実施の懲戒免職処分にかかる責任を含む。

処分内容及び被処分者

戒告 課長級1名

文書訓告 部長級1名、課長級1名、課長代理級1名

口頭注意 局長級1名、部長級1名、係長級1名

対応策

 今回の事案を受け、改めて、一人ひとりの職員が、勤務時間の内外を問わず公務員としての自覚を持って行動し、信用失墜につながる行為を厳に慎むよう周知徹底を図りました。

  また、今後の再発防止に向けた対策として、情報管理の強化・徹底、研修の実施など様々な取り組みを進めるとともに、服務規律の確保及びコンプライアンス意識の徹底により一層取り組んでまいります。

問合せ先

建設局 総務部 職員課(06-6615-6442)、総務部 総務課 事業管理担当(06-6615-6440)、

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない