ページの先頭です

道路舗装工事における不適正な施工に係る再精査結果について

2019年12月27日

ページ番号:487609

 大阪市建設局では、従前より工事の適正な品質の確保に向けて、各種規程に基づく設計、監督、検査業務の遂行に努めてまいりましたが、当局が過年度に発注した道路舗装工事(豊里矢田線舗装新設その他工事-10及び豊里矢田線(北田辺)舗装新設工事-6)において、アスファルト下の路盤材が所定の厚みで施工されておらず、重大な瑕疵があることを認識していながら故意に契約書通りとして完成図書を提出していたという、不正な行為があったことが判明したことから、他に同様な事案がないか工事関係書類等の再精査を進めてきました。

 今般、その再精査結果を取りまとめましたので、報告いたします。【令和元年12月5日報告】

再精査の概要について

1 対象工事

 建設局が発注し、過去5年間に完成した市内154件の道路舗装工事を対象としました。

2 調査方法

(1)現地調査

(2)書面調査、元請・下請事業者(以下「元請事業者等」という。)へのアンケート調査及び聴き取り調査

 工事関係書類等の書面調査を行いながら、次の作業を実施しました。

  1. 路盤・路床の打ち換えを実施していた工事の抽出
  2. 最下層部の掘削写真が撮影されていない測点(注)が1つでもある工事の抽出
  3. 元請事業者等へのアンケート・聴き取り調査による疑義の有無

(3)試験掘り調査

(注)測点とは、当局が定める出来形管理基準等に基づくものであり、写真を撮影し、出来形や施工状況の確認を行うポイントのことです。路盤工の場合、各車線20mに1カ所を基本として、その厚さを計測することとしています。これまでに発覚した不適正施工では、契約書に定めた深さまで掘削せずに路盤を施工していたため、アスファルト下の路盤が所定の厚みを確保できていませんでした。

各調査の結果について

(1)現地調査

 対象工事である154件の現場において目視等で調査を行った結果、道路の性状に問題はありませんでした。引き続き、日常の保全巡視を実施しています。

(2)書面調査、元請事業者等へのアンケート調査及び聴き取り調査

(3)試験掘り調査

 調査において、隣接した他工事の掘削写真の中に、対象工事の一部の範囲で路盤の厚さ不足が疑われるものがあり、元請事業者等に適正な施工を証明する写真等の提出を求めましたが回答がありませんでしたので、試験掘りを行い確認しました。

 令和元年11月29日(金曜日)、現地において本市職員の立会のもと、当該元請事業者等の負担により試験掘りを実施した結果、当該路線の交差点部において、不適正な施工を確認いたしました。不適正な施工があった工事名称は、豊里矢田線舗装新設その他工事‐14です。

安全性の確認について

 不適正な施工があった交差点は、現在、豊里矢田線に未供用区間があることから、現状の自動車交通量であれば、ひび割れ等による耐久性の低下はなく、現地の舗装表面も工事終了後3年以上経過しているが変状は認められておりません。

 しかしながら、全面開放後においては、増加する自動車交通量に対する耐久性を確保する必要があることから、速やかに適正な舗装構成への修補が必要な状況です。

今後の対応について

 元請事業者等に対しては、当該箇所の修補を求めるとともに、厳正な処分について関係局と調整しています。また、試験掘りを実施していない43件については、最下層部の掘削写真の一部が確認できていませんが、工事関係書類である出来形管理報告書では、すべての測点における路盤厚を確認しており、道路の性状に問題はありません。 

 しかしながら、これらの路線についても、引き続き、定期的に道路性状の確認をしていくとともに、今後工事等で掘削した際には、適正な施工が行われているのか確認し、仮に不適正な施工が認められた場合には、厳正に対処してまいります。

【令和元年12月19日】当該箇所の元請事業者に対して、入札参加停止措置が行われました。

関連データ

調査フロー及び結果、位置図

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

これまでの経過

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局企画部工務課工事監理担当

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06-6615-6664

ファックス:06-6615-6577

メール送信フォーム