ページの先頭です

大阪市地域防災計画の取組み

2019年11月15日

ページ番号:174834

概要(説明)

市民の生命、財産を災害から守るため、災害対策基本法第16条の規定に基づき大阪市防災会議を設置し、本市の地域にかかる災害の予防・応急対策・復旧等について策定したもの。

詳細については、大阪市地域防災計画をご覧ください。

発端(きっかけ)は何?

災害対策基本法に基づき、昭和38年3月28日に「大阪市防災会議条例」を制定し、昭和40年に「大阪市地域防災計画」を策定以来、随時修正を行う。

寄せられたご意見

特にありません。

今後の予定は?

 平成30年6月の大阪府北部を震源とする地震や平成30年台風21号、全国各地で発生した自然災害(平成30年7月豪雨、平成30年北海道胆振東部地震)の教訓をもとに、国や大阪府の動向を踏まえ、令和元年度に「大阪市地域防災計画」の修正を行う。

 

どこまで進んでいるのか?

会議の実施状況等

過去の大阪市防災会議の開催履歴及び大阪市地域防災計画の修正履歴については、大阪市地域防災計画(平成29年11月)(資料編)P7をご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 危機管理室 

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所5階)

電話:06-6208-7388

ファックス:06-6202-3776

メール送信フォーム