ページの先頭です

大阪府北部を震源とする地震にかかる災害弔慰金・災害障害見舞金・災害援護資金について

2019年4月15日

ページ番号:441907

災害弔慰金について

内容

災害弔慰金の支給等に関する法律及び災害弔慰金の支給等に関する条例に基づき、災害により死亡された市民のご遺族に対し災害弔慰金が支給されます。

支給内容

災害弔慰金の額は、死亡者のその世帯における生活維持の状況により次のとおりとなります。

  • 生計を主として維持していた場合 500万円
  • その他の場合 250万円

支給対象者

支給対象者の範囲・順位は次のとおりです。

  1. 死亡された方によって生計を主として維持していた遺族のうち死亡された方の、配偶者(順位1)、子(順位2)、父母(順位3)、孫(順位4)、祖父母(順位5)
  2. 上記以外の遺族のうち死亡された方の、配偶者(順位6)、子(順位7)、父母(順位8)、孫(順位9)、祖父母(順位10)
  3. 死亡された方の死亡当時の同居し、又は生計を同じくしていた遺族のうち死亡された方の兄弟姉妹(順位11)

災害障害見舞金について

内容

災害により精神又は身体に著しい障害を受けた市民に対し災害障害見舞金が支給されます。

支給内容

  • 生計を主として維持していた方が重度の障がいを受けた場合 250万円
  • その他の方が重度の障がいを受けた場合 125万円

支給対象者

災害により、災害弔慰金の支給等に関する法律別表に掲げる程度の障がいを受けた方

  1. 両眼が失明したもの
  2. 咀嚼及び言語の機能を廃したもの
  3. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  4. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  5. 両上肢をひじ関節以上で失ったもの
  6. 両上肢の用を全廃したもの
  7. 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
  8. 両下肢の用を全廃したもの
  9. 精神又は身体の障害が重複する場合における当該重複する障害の程度が前各号と同程度以上と認められるもの

災害援護資金の貸付けについて

内容

災害により被害を受けた世帯の世帯主に対して、災害援護資金を貸付します。

貸付対象者

以下のいずれかの被害を受けた世帯の世帯主が対象(所得制限あり)

  • 世帯主が災害により負傷し、その療養に要する期間が概ね1か月以上
  • 家財の3分の1以上の損失
  • 住居の半壊又は全壊

所得制限

1人世帯 220万円未満
2人世帯 430万円未満
3人世帯 630万円未満
4人世帯 730万円未満
5人世帯以上は、1人増えるごとに730万円に30万円を加えた額
ただし、その世帯の住居が滅失した場合あっては、1270万円未満

貸付限度額

被害の程度により150万円以内から350万円以内

利率

年3パーセント(据置期間中は無利子)

据置期間

3年

償還期間

10年(据置期間を含む)

償還方法

年賦又は半年賦

保証人

必要

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 危機管理室 

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所5階)

電話:06-6208-7388

ファックス:06-6202-3776

メール送信フォーム