ページの先頭です
メニューの終端です。

はつらつ脳活性化プロジェクト事業(認知症予防事業)

2019年10月15日

ページ番号:173624

区内各地域での実施場所、日時については、

ご存知ですか?「はつらつ脳活性化教室」「いきいき百歳体操」で確認できます。

概要(説明)

本事業は、平成22年度から高齢者が自ら認知症予防のための活動を習慣化できる地域でのしくみを、区民と協働しながらつくることを目的に実施している。

事業実施にあたっては医療・保健・福祉が連携をし、「北区認知症対策アドバイザー」の協力を得ながら事業の展開、評価をおこなうとともに、認知症予防のためのプログラムを地域と協働してできるように市民啓発、サポーター育成を実施している。

 


はつらつ脳活性化教室の様子


発端(きっかけ)は何?

高齢期に医療や介護が必要となる主な要因は、脳血管疾患・筋骨格系疾患(転倒骨折など)・認知症などがある。その中でも認知症は、介護の大変さなどから高齢者虐待の要因ともなっている。後期高齢者の増加に伴い、急激な認知症高齢者の増加が懸念されており、平成21年度~23年度本市高齢者福祉計画・介護保険計画においても認知症対策は重点的な課題となっていた。しかしながら、その内容は、認知症患者に対するケア・医療・見守り啓発活動の充実に重点が置かれており、認知症予防に積極的に取り組めている状況ではなかった。 

一方、平成20年度に北区寝たきり予防推進協議会会員を対象に、今後学びたい内容についてアンケートをとったところ、「認知症予防」が1位(57%)であり、区民の認知症予防に対する関心は高い。

 以上のことから、高齢者の医療や介護を充実することも必要であるが、高齢者が健やかで安心して暮らせるとともに社会全体の負担軽減を図ることができるよう、認知症予防活動に取り組んでいく必要があると考えた。

 

平成22・23年度取組状況

  1. 各種事業内容
  2. 結果
  3. 事業経費 平成22年度 2,978千円 平成23年度 2,263千円
  4. まとめ

 

資料(わがまち北区折込)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

平成24年度取組状況

1、各種事業内容

2、事業経費   平成24年度 1,467千円

3、事業報告書  「事業実施報告書」

平成25年度取組状況

  1. 各種事業内容
  2. 事業経費 平成25年度  511千円

平成26年度取組状況

  1. 各種事業内容
  2. 事業経費 平成26年度  257千円

平成27年度取組状況

  1. 各種事業内容
  2. 事業経費 平成27年度  479千円

平成28年度取組状況

  1. 各種事業内容
  2. 事業経費 平成28年度  553千円

平成29年度取組状況

  1. 各種事業内容
  2. 事業経費 平成29年度  515千円

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市北区役所 健康課健康相談担当

〒530-8401 大阪市北区扇町2丁目1番27号(北区役所1階12番窓口)

電話:06-6313-9968

ファックス:06-6362-1099

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示