ページの先頭です
メニューの終端です。

「新しい生活様式」における熱中症の予防について

2020年7月7日

ページ番号:508523

新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために、一人ひとりが「新しい生活様式」を実践することが必要です。そして、これから今までと異なる環境下で夏を迎えるにあたり、例年以上に熱中症にも気を付けなくてはなりません。十分な感染症対策をとりながら、熱中症の予防にも心掛けていただきますよう、よろしくお願いします。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動ポイント

(1)適宜マスクをはずしましょう

高温や多湿といった環境下でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。そのため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。

(2)暑さを避けましょう

少しでも体調に異変を感じたら、速やかに涼しい場所に移動することが大切です。涼しい室内に入ることができない場合は、日陰や風通しの良い場所に移動するようにしましょう。

(3)こまめに水分補給をしましょう

のどが渇く前に、こまめに水分補給をしましょう。(1日あたり1.2Lの水分の摂取が目安とされています。)また、激しい運動・作業を行った場合や大量に汗をかいた場合は塩分も補給しましょう。

(4)こまめに換気をしましょう

熱中症を予防するためにはエアコンの活用が有効ですが、新型コロナウイルス感染症の対策のためには、空気を入れかえることも必要ですので、こまめに換気を行いましょう。

(5)日頃から体調管理をしましょう。

日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。日ごろからご自身の身体を知り、暑さに備えた体づくりと体調管理をしましょう。

令和2年度の熱中症予防行動のチラシ(環境省・厚生労働省作成)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

詳細について

厚生労働省のホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市北区役所 政策推進課広聴広報・企画調整担当

〒530-8401 大阪市北区扇町2丁目1番27号(北区役所4階42番窓口)

電話:06-6313-9683

ファックス:06-6362-3821

メール送信フォーム