ページの先頭です

こども相談センターにおける児童虐待への緊急対応を強化します

2010年9月1日

ページ番号:92750

 大阪市では、西区における児童死亡事件を受けて、現在、市一丸となって緊急対策に取り組んでいるところですが、平成22年9月1日(水)から、こども相談センターにおける児童虐待対応の職員体制を強化するとともに、夜間の緊急通報にさらに迅速に対応するため、同センター職員による宿直体制を導入し、二度と今回のような事件が起こらないよう更なる強化策を講じます。

 

1 児童虐待対応の職員体制を強化します

 児童虐待対応の機能を充実させるため、新たに、虐待対応の判断・指示等を専任する「虐待対応担当課長」、「虐待対応担当課長代理」を新設するとともに、虐待通報や相談内容の緊急性を迅速に判断し、継続的に安全確認できる訪問体制を強化するため、担当係長2名を設置します。

 また、これら児童虐待対応にかかる総括的な指導・監督と、同センター内の各部署とのより円滑な連携を図るため、「副所長」を新設します。

 

2 児童虐待通報に対する夜間緊急対応体制を強化します

 夜間の緊急通報に対しては、これまで職員が自宅待機をしておりましたが、こども相談センター職員による夜間の宿直体制(当番制)を実施します。

 引き続き、消防局と連携を図るとともに、こども青少年局管理職による夜間対応については、当番体制を敷き自宅待機による夜間対応を継続します。

 

  • こども相談センター職員による宿直対応

       平日夜間・・・午後5時30分から翌日午前9時まで

       休日夜間・・・午後5時から翌日午前9時まで

  • 業務内容としては、夜間の児童虐待通報に対し、緊急な安全確認が必要となった場合は、通報内容等必要な情報を確認したうえで、安全確認のため現場へ向かいます。あわせて、こども青少年局の部課長級職員(自宅待機中)に出動要請を行います。

    現地において、消防局と連携して速やかな安全確認を行うとともに、必要に応じ警察に援助を要請します。

 

3 期間

 平成22年9月1日(水)から

 

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局こども相談センター 

住所:〒540-0003 大阪市中央区森ノ宮中央1丁目17番5号

電話:06-4301-3100

ファックス:06-6944-2060

メール送信フォーム