ページの先頭です

大阪市における児童虐待対応にあたっての関係機関との役割と連携について

2019年1月25日

ページ番号:169871

児童虐待対策支援体制の全体像をまとめました

 児童虐待を防止するためには、児童虐待の発生予防、早期発見、早期対応、保護・支援などの各段階において、こどもや子育て家庭の支援に関わるすべての機関や人が自らの役割を果たすとともに、他の機関等と適切に連携、協働して取り組みを進めていくことが大切です。

 大阪市では、大阪市次世代育成支援対策推進会議からの「大阪市における児童虐待対策の強化に向けて(提言)」を受け、児童虐待の各段階において、関係機関がそれぞれ果たすべき役割を整理し、児童虐待対策の支援体制の全体像をまとめました。(下記 資料のとおり)

 今後、この内容について、保育所・学校園、子育て支援施設等の関係機関に周知してまいります。こどもや子育て家庭の支援に関わるすべての機関や人が、それぞれの役割を発揮し、有効に機能することで、児童虐待への切れ目のない支援に努め、大阪市における児童虐待対策の一層の強化を図ります。

(資料)大阪市における児童虐待対応にあたっての関係機関との役割と連携について

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局企画部経理・企画課企画グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8337

ファックス:06-6202-7020

メール送信フォーム