ページの先頭です

福保育所の民間移管について

2016年12月28日

ページ番号:320744

法人の応募状況について

平成27年8月19日に応募書類の受付を終了し、福保育所については2法人の応募がありました。

第1次審査結果について

応募のあった2法人について、大阪市立保育所民間移管予定者選定会議において、次のとおり審査を行いました。

 ・応募法人から提出された応募書類の審査

 ・応募法人代表者(又は事業責任者)及び現在法人が運営している保育所の施設長、主任保育士に対する面接

 

その結果は次のとおりです。

第1次審査結果(福保育所)
応募法人適否
社会福祉法人 檸檬会
A法人

※社会福祉法人檸檬会、A法人について、採点結果が総合点の7割以上に達したため、第1次審査合格となりなした。


法人の選定結果について

第1次審査合格となった2法人について、大阪市立保育所民間移管予定者選定会議において、次のとおり代2次審査を行いました。

 ・法人が運営する保育所への実地調査

 ・応募法人から提出された応募書類の審査

 ・応募法人代表者(又は事業責任者)及び施設長予定者、主任保育士予定者、会計担当者等に対する面接

その結果は次のとおりです。

第2次審査結果(福保育所)
応募法人適否(採点結果/総合点)選定結果
社会福祉法人 檸檬会      適(123.0/150)移管先法人として選定
A法人      適(106.3/150)

※社会福祉法人檸檬会、A法人とも第2次審査の採点結果が総合点の7割(105点)以上となりましたが、採点結果がより高い社会福祉法人檸檬会を福保育所の移管先法人として選定しました。

選定理由

  • 社会福祉法人檸檬会は、法人の組織運営、財務状況ともに良好で、保育所間の情報共有を図るなど人材育成に努力し、児童福祉の理念を踏まえた保育内容の充実を図るなど、移管後においても安定した保育所運営が期待できる。また、保育施設建設に関して多くの実績とノウハウを有している。

  • 同法人が運営するレイモンド庄中保育園の実地調査においては、児童の主体性を尊重する取り組みとして、自主的に体を動かし自分なりに工夫して遊べるように保育環境が整えられていた。また、安全管理にあたっては、職員が常に意識し、危険防止のポイントを職員会議等で共有する取り組みがみられた。日々の保育内容の掲示や記録についても保護者が自由に閲覧できるようになっており、保護者への説明責任を果たすとともに育児支援についても配慮が行き届いていた。また、園舎全体が整理整頓されていて清潔感があり、こうした保育所運営に取り組む姿勢は、同法人運営の福保育所にも共通するものである。

  • 現在、同法人が受託している福保育所については、移管後は建替に伴い保育環境が変わるが、児童や保護者に対する心配り、保育に臨む姿勢、チームワークなどにおいて保護者や地域から厚い信頼を得ており、休止保育所の児童や保護者への対応についても真摯に向き合う姿勢が伺えることから、委託当初からの経験と実績をいかした円滑な運営が期待できる。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局保育施策部保育所運営課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所地下1階)

電話:06-6208-8121

ファックス:06-6202-9050

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示