ページの先頭です

大阪市立愛光会館指定管理予定者の選定結果について

2018年12月27日

ページ番号:337901

 大阪市では、大阪市立愛光会館の指定管理予定者の選定を行うため、外部の有識者等からなる指定管理予定者等選定会議を開催し、審査した結果を踏まえ、このたび指定管理予定者を選定しましたので、お知らせします。

 なお、指定管理予定者は市会の議決を経て、指定管理者に指定されることになります。

1 指定管理予定者

名 称  公益社団法人 大阪市ひとり親家庭福祉連合会

所在地  大阪市北区中津1丁目4番10号

代表者  会長 小林 眞喜子

2 指定予定期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日(5年間)

3 選定会議による選定審査等

申請の経過

募集要項配布期間   平成27年9月14日~平成27年11月17日

説明会の開催日     平成27年10月9日

申請書類の受付期間    平成27年11月13日~平成27年11月17日

審査経過

第1回選定会議  平成27年9月8日

第2回選定会議  平成27年12月22日

申請団体

公益社団法人 大阪市ひとり親家庭福祉連合会

評価項目・審査結果(配点を含む)

評価項目・審査結果

団体名

評価項目

配点

選定委員

平均

A

B

C

公益社団法人

大阪市ひとり親家庭福祉連合会

施設の設置目的の達成及びサービスの向上

35

26

27

27

85.0

市費の縮減

50

48

47

47

申請団体

5

4

4

4

社会的責任・市の施策との整合

10

7

7

7

100

85

85

85

選定理由

 大阪市立愛光会館の指定管理予定者の選定にあたっては、1団体から応募があり、具体的な提案をいただきました。

 大阪市立児童福祉施設指定管理予定者等選定会議において、大阪市立愛光会館条例第15条及び本市が定める「指定管理者制度の導入及び運用に係るガイドライン」による基準に基づき、申請団体から提出のあった申請内容について総合的に評価を行いました。

 その結果、同会議から、次の理由により、申請団体が指定管理予定者として適格であるとの意見をいただき、その結果を踏まえ本市として指定管理予定者として選定しました。

・当法人は、母子・父子福祉センターの管理・運営の実績があり、堅実な経営、的確な運営は評価できる。

・父子家庭を含めたひとり親家庭の利用促進を図るためには、従来どおりの事業だけでなく、新しい視点で、サービスの向上を図ることが求められる。

・ひとり親家庭の自立を支援するためには、職員の質や専門性が大切である。経費の節減を図るにあたっても、サービスの質を落とさないようにしてほしい。

選定委員名・役職(五十音順)

石田 雅弘 (奈良学園大学奈良文化女子短期大学部客員教授)

伊藤 一博 (公認会計士)

遠藤 和佳子(関西福祉科学大学教授)

議事要旨

各回の議事要旨

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局子育て支援部こども家庭課