ページの先頭です

保育士資格取得における認可外保育施設での勤務経験による合格科目免除用証明書発行の手続きについて

2019年7月29日

ページ番号:338570

認可外保育施設での勤務経験による合格科目免除の手続きについて

保育士資格取得において、認可外保育施設(※)での勤務経験により合格科目を免除する場合については、「合格科目免除期間延長申請用認可外保育施設証明書」が必要です。

手順

1.勤務された認可外保育施設において「合格科目免除期間延長申請用勤務証明書」を発行

2.必要書類を大阪市まで送付

3.必要書類到着後、当課で手続きを行い、返信用封筒にて送付させていただきます。

必要書類

1. 合格科目免除期間延長申請用勤務証明書の写し

2. 合格科目免除期間延長申請用認可外保育施設証明書 (必要個所に記入してください。)

3. 返信用封筒 (定型郵便封筒に、申請者の郵便番号、住所、氏名を明記し、82円分の切手を貼付してください。)

ダウンロードファイル

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

送付先

〒530-8201

 大阪市北区中之島1丁目3番20号

大阪市こども青少年局 保育施策部 保育企画課(指導・監査グループ)
認可外保育施設担当 宛

【参考】厚生労働省ホームページ 「保育士試験」

お問い合わせ先

大阪市こども青少年局 保育施策部 保育企画課(指導・監査グループ)認可外保育施設担当
電話: 06-6208-8114 ファックス: 06-6202-9050

(※)認可外保育施設

児童福祉法(以下「法」という。)第6条の3第9項から第12項までに規定する業務又は第39条第1項に規定する業務を目的とする施設であって法第34条の15第2項若しくは第35条第4項の認可又は認定こども園法第17条第1項の認可を受けていないもの(法第58条の規定により児童福祉施設若しくは家庭的保育事業等の認可を取り消された施設又は認定こども園法第22条第1項の規定により幼保連携型認定こども園の認可を取り消された施設を含む)のうち、次にあげるもの

ア 法第59条の2の規定により届出をした施設
イ アに掲げるもののほか、都道府県等が事業の届出をするものと定めた施設であって、当該届出をした施設
ウ 児童福祉法施行規則第49条の2第3号に規定する幼稚園併設型認可外保育施設
エ 国、都道府県又は市町村が設置する法第6条の3第9項から第12項までに規定する業務又は法第39条第1項に規定する業務を目的とする施設

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

こども青少年局 保育施策部 保育企画課
電話: 06-6208-8114 ファックス: 06-6202-9050
住所: 大阪市北区中之島1丁目3番20号
メールアドレス:ninkagairenraku@city.osaka.lg.jp