ページの先頭です

大阪市立堀江幼稚園の移管予定法人を選定しました

2016年10月5日

ページ番号:377335

法人の応募状況について

 平成28年7月29日に応募書類の受付を終了し、7法人の応募がありました。

選定した移管予定法人

 学校法人 あけぼの学園

選定結果について

  応募法人の審査にあたっては、学識経験者等からなる大阪市立幼稚園民間移管予定者選定会議(以下「選定会議」)を開催し、法人からの応募書類の内容について慎重に審議するとともに、法人への面接を行い、法人の状況や園の組織・体制、園の運営等の項目について、選定基準に基づき総合的に評価し、各評価項目の選定委員の平均点の合計が7割を上回った法人のうち、学校法人 あけぼの学園を移管法人として適格な法人として選定しました。

  選定会議からの報告を受け、本市として応募内容を総合的に考慮し、この選定会議の報告を適正なものと認め、大阪市立堀江幼稚園移管予定法人の決定を行いました。

審査結果

 応募法人

適否(点数) 

学校法人 あけぼの学園

  選定 (122.6/150)※

A法人

  適 (120.4/150)※

B法人

  適 (114.4/150)※

C法人

  適 (113.2/150)※

D法人

  適 (105.6/150)※

E法人

 不適 (101/150)

F法人

 不適 (84.6/150)

※については、合計得点の7割を上回った法人

選定理由

  • 1号認定のこどもと、2号・3号認定のこどもの生活サイクルの違いを認識したうえで、そのこどもたちがともに保育・教育を受ける幼保連携型認定こども園の運営方針の提案が具体的であり、それぞれに求められる目標を意識した保育計画が作成され、その内容も日々の実践をもとに、1日単位あるいは週単位での検証を行うこととされていることから、内容の充実した保育・教育が行われることが期待できる。
  • 支援を必要とするこどもの受入れに関しては一切の制限を設けないことを明言されており、なおかつ、現在他市で運営している認定こども園においても同様の方針で実践していることから、提案内容の実現がより確実に担保されることが見込まれ、当該児童の保護者に対して安心感を与え、信頼を得ることができる施設運営が期待できる。
  • 他の自治体において、幼保連携型認定こども園の運営実績を有していることから、幼保連携型認定こども園に求められている役割が理解されており、これまでの運営で培ったノウハウを活用し、今回の開設地域においても、幼小の連携や、地域との連携を含めて、安定した施設運営が期待できる。 
  • 職員に対しては、研修を確実に受講できるように勤務環境を整える工夫がなされていることに加え、新任職員が孤立しないような独自のしくみ、工夫が具体的に提案されており、職員の資質を着実に向上させようとする姿勢が見受けられる。

附帯意見

  • これまでも幼保連携型認定こども園の運営実績はあるが、新しい施設においても保育を必要とするこども(2号、3号認定のこども)の保育内容についても、保護者の意見をよく聞くなどし、当該地域における保育ニーズに合った保育を提供されることを期待する。
  • 保育料以外の費用徴収(上乗せ徴収・実費徴収・給食費等)を行うにあたっては、在園児保護者の意向を配慮したうえで、費用徴収の内容や徴収の理由について、事前の本市との協議や三者協議会などで、本市や保護者と十分な調整を行うこと。
  • 幼保連携型認定こども園を民間の法人が単に開設し運営していくのではなく、大阪市立幼稚園を民営化によって民間に移管することになるため、あらゆる面で移管時の在園児への配慮は充分に行うこと。また、今回移管する施設は、一般的な幼保連携型認定こども園と性格が異なり、より公的な関与が強い公私連携幼保連携型認定こども園として、運営面でも大阪市が一定の関与を行う施設であることを改めて認識した上で進めていただきたい。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

こども青少年局 保育施策部 保育企画課 幼稚園運営グループ
電話: 06-6208-8165 ファックス: 06-6202-6963
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)