ページの先頭です

民間移管した公立保育所における「移管1年目保護者アンケート調査」(平成30年11月・12月実施)の結果

2019年3月28日

ページ番号:461893

調査の概要

調査の目的

 本市では「市政改革プラン」に基づき平成25年4月に策定した「公立保育所新再編整備計画(平成29年6月一部改訂)」により、平成25年度から公立保育所の民間移管を進めており、平成27年度に10か所、平成28年度に5か所、平成29年度に6か所、平成30年度に3か所の公立保育所を民間移管し、民間保育所(園)として運営しています。

 今後も安定した保育を提供するとともに、民間移管をより円滑に進めていくため、平成30年度に移管された3か所の保育所(園)の保護者を対象として、移管後の保育内容や運営に関するアンケート調査を実施しました。

実施期間

 平成30年11月1日から11月15日(平成30年4月1日付け移管)

 平成30年12月11日から12月25日(平成30年11月1日付け移管)

回答数

 配付世帯数  232世帯

 回答世帯数  182世帯 (回答率 78.4%)

回答数の内訳
保育所(園)名配付数(世帯数)回答数回答率(%)
A997575.8
B734764.4
C6060100.0
23218278.4

アンケート結果概要

  •  各項目ともに、「満足」「概ね満足」との回答が90%以上を占め、特に『保育内容』『給食内容』については、「満足」「概ね満足」との回答が非常に多くありました。また、『職員の児童への接し方』『保護者対応』についても高い評価をいただいています。
  •  『保育環境』の設問のうち、安全面の項目においては、「やや不満である」との回答が5.5%あり、不審者侵入対策などセキュリティに関してのご意見が複数の保育所(園)の保護者からありました。
  •  『保護者負担』について、「保護者負担金が増加した」という回答が出ておりますが、これは保護者の収入増加により保育料が上がったもので、移管による保護者の負担金が増加したものではないことを保護者と確認しております。

 

調査の活用

 今年度実施したアンケート調査につきましては、全体で78.4%の回答をいただきました。

 移管に関するご意見とともに、保育に関する全般的なご意見を多数いただき、また大阪市に対するご意見も寄せられました。大阪市としましては、保護者の皆様からのご意見を真摯に受けとめ、今後の民間移管に活かしてまいります。さらに、今回いただいたご意見を法人へもお伝えし、保育所(園)運営に役立てていただくよう連携を図っております。

集計結果

移管1年目保護者アンケートを集計したグラフ
別ウィンドウで開く

集計結果(各項目)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

調査票

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

こども青少年局 保育施策部 保育所運営課(再編整備グループ)
電話: 06-6208-8125 ファックス: 06-6202-9050
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所地下1階)

このページへの別ルート

表示