ページの先頭です

未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金

2019年7月29日

ページ番号:471852

未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金

児童扶養手当の受給者のうち、未婚のひとり親の方に対し、令和元年度に臨時・特別の措置として、給付金を支給します。

未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金の支給要件について

支給対象者

次の全ての要件を満たす方が対象です。

令和元年11月分の児童扶養手当の支給を受ける父または母

②基準日(令和元年10月31日)において、これまでに婚姻(法律婚)をしたことがない方

③基準日(令和元年10月31日)において、事実婚をしていない方、または事実婚の相手方の生死が明らかでない方

未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金周知ビラ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

申請期間

令和元年8月1日~令和2年2月3日

※支給要件に該当する方は児童扶養手当現況届の提出時に支給申請してください。

 

支給額

17,500円

申請に必要なもの

①申請書【誓約・同意書】

②申請者の戸籍謄本(発行後1か月以内のもの)

※不明な際は、こども青少年局こども家庭課、もしくは各区役所児童扶養手当担当まで問合せください。

申請先について

令和元年11月分の児童扶養手当を支給する自治体が申請先になります。

※ 給付金の申請後、基準日(令和元年10月31日)前に他の自治体に転出した場合は、大阪市での申請取下げ届を提出し、転出先の自治体で、あらためて給付金の申請を行う必要があります。

※ 基準日(令和元年10月31日)より後に他の自治体に転出した場合は、令和元年11月分の児童扶養手当を支給する自治体(基本的には大阪市)が申請先になります。

※大阪市内で引っ越した場合は、再申請の必要はありません。

支給日および支給方法

原則として、児童扶養手当の令和2年1月支払いと同日に支給します。

※令和2年1月の支払日に支給できなかった場合は、それ以降に随時支給します。

【児童扶養手当受取口座以外の口座を給付金支給口座に指定する場合は、確認書類として「金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)がわかる通帳やキャッシュカードの写し」の提出が必要になります。】

区役所、市役所からの問合せについて

申請された内容に、不明な点があった場合に、区役所児童扶養手当担当やこども青少年局こども家庭課からお問合せを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振込みを求めることは、絶対にありません。

もし、不審な電話がかかってきた場合は、すぐにこども青少年局こども家庭課や各区役所の担当窓口、又は警察にご連絡ください。

その他、注意点

※やむを得ない場合(災害等)を除いて、申請期限までに申請をされなかった場合、給付金を支給できません。

※申請書の記載不備による振込不能や大阪市が確認等を行った上で必要な修正ができなかった等、支給のための処理が完了しない場合、給付金を支給できません。

※給付金の支給を受けた後に、支給対象者の要件に該当しないことが判明したり、偽りその他不正の手段により給付金の支給を受けた場合は、給付金を返還していただきます。

※給付金の支給を受ける権利は、譲り渡したり、又は担保に供してはいけません。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

こども青少年局 子育て支援部 こども家庭課  
電話: 06-6208-8344 ファックス: 06-6202-6963
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示