ページの先頭です

「大阪市版ネウボラ」について

2019年11月8日

ページ番号:484682

概要(説明)

 妊娠、出産や子育てに関して、誰に相談していいのかわからない、どこに相談していいのかわからないという声もある中、その方に必要な支援につながるように、自分の住んでいる地区を担当している保健師がいることを周知し、地区担当保健師との顔の見える関係づくりと家族ぐるみの支援を継続的に実施する取組みを推進し、すべての子育て家族にとって安心して気軽に相談できる場を目指して「大阪市版ネウボラ(注)」を実施している。

(注)「ネウボラ」とは、フィンランド語で「アドバイスする場所」という意味で、切れ目ない支援をワンストップで行う制度とそのための地域拠点そのものも指している。

発端(きっかけ)は何?

l  市長指示により、区長会議こども・教育部会において平成29年度より「大阪市版ネウボラ」の検討を開始し、平成30年2月から西淀川区において、保健師の顔の見える化に向けて、集合写真を活用した取組みを試験的に実施。

l  平成30年5月24日、市長定例会見において、西淀川区の取組を全市に拡げるため、「大阪市版ネウボラ」検討ワーキングの設置について公表し、検討を開始する。

l  平成31年2月1日、市長にワーキングの最終報告説明を行い、報告の内容で平成31年4月より全区展開するよう指示があった。

寄せられた意見

 誰に相談していいのかわからない、どこに相談していいのかわからない

どこまで進んでいるのか?

「大阪市版ネウボラ」の実施に向けた検討結果に沿って、平成31年4月より各区において、区の実情の応じた取組みを開始した。

 取組みの方向性

・地区担当保健師との信頼関係の強化

・子育て家族支援の充実

「大阪市版ネウボラ」イメージ図

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

今後の予定は?

 各区の実情に合わせて、取組みを実施していく予定である。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局子育て支援部管理課母子保健グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-9966

ファックス:06-6202-6963

メール送信フォーム