ページの先頭です

大阪市立 阿武山学園(児童自立支援施設)

2020年4月20日

ページ番号:501023



大阪市立 阿武山学園とは

大阪市立阿武山学園は児童自立支援施設という種別の児童福祉施設です。家庭や学校などにうまく適応できなかったり、問題行動につながったりなど、何らかの困難を抱えてきた児童の立ち直りを図り、主に、小学生・中学生が生活しています。大阪北摂地域、阿武山の豊かな自然に囲まれて、入所児童は、小舎夫婦制という仕組みの中で(夫婦職員が寝食を共にしながら、児童に寄り添います)、信頼関係を取り戻し、また自らの課題に取組むことで成長していきます。

阿武山学園には、大阪市の小学校・中学校が併設されており、少人数できめ細やかな学習支援を行います。

※社会的養護とは…様々な理由により、家庭で養育することが適当ではない児童を、公的責任で社会的に養育し保護しながら、養育の困難を抱える家庭を支援することです。         

社会的養護について  厚生省労働省HPへのリンク

学園生活等の紹介【入所を検討される際の留意事項等について】

阿武山学園には、こども相談センターを通じての入所となります。入所のご相談等は、こども相談センターへご連絡いただくことになります。児童の最善の利益に照らし合わせ、手立てを検討していきます。

つきましては、入所を検討される際に、学園生活をご理解いただくために、「学園生活のしおり」「学園生活をはじめるにあたって〔寮生活のきまりごと〕」児童の健康チェック票を作成しておりますので、ご活用いただきますようにお願い申し上げます。

保護者の方を始め、関係の皆様におかれましては、『学園生活の中で、子どもが安心・安全を感じながら、信頼関係を深めてほしい』との思いをお持ちだと存じます。

結果として、当園への入所が決定した場合は、その児童への動機付けをしっかり行っていただくとともに、周囲のご理解、ご協力が不可欠になります。

今後とも、当園の自立支援活動に対しまして、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

入所にあたっての留意事項等について

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

阿武山学園の紹介について

こども達の通う学校について

全国社会福祉協議会 第三者評価事業

阿武山学園歌

作詞 祐野 信三   作曲 大野 正雄

 

露を 含む光は すこやかな われらをつつむ

まなざしを 青空にむけ 満ちみちて思う

強きより 賢きよりも まことなる 人とならんと

 

山を打つ きびしき風は 目覚めたる 我らをためす

力こめ 大地に立ちて 雄々しくも たえる

強きより 賢きよりも まことなる 人とならんと

 

まなびやの 楽しきつどい 幸のぞむ 我らをはぐむ

胸をはり 声高らかに こだまして 誓う

強きより 賢きよりも まことなる 人とならんと

 

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局子育て支援部阿武山学園

住所:〒569-1041 大阪府高槻市奈佐原956

電話:072-696-0331

ファックス:072-696-0332

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示