ページの先頭です
メニューの終端です。

結核の正しい知識をもって、発病を防ごう!

2019年9月1日

ページ番号:474879

結核の正しい知識をもって、早期発見・早期治療につなげよう!

結核は「過去の病気」と思っていませんか?今日でも、日本では毎日50人の新しい患者が発生し、5人が命を落としている重大な感染症です。大阪市のH28年の結核罹患率は都道府県・政令指定都市でワースト1位です。また、此花区の罹患率は全国の約2.2倍です。結核を過去の病気と捉えず、自分でできる対応をしっかりしていくことが大切です。結核と診断されても、必要な期間、毎日きちんと薬を飲むことで、結核は治すことができます。

※罹患率とは…新たに結核患者として登録された人の割合(人口10万対)

結核の感染と発病は異なります!

結核は、感染しても必ず発病するわけではなく、免疫力の働きで結核菌の活動が抑えられていると発病しません。身体の免疫力の低下を起こす病気や要因(糖尿病、慢性腎不全、ステロイド剤使用、不規則な生活、加齢…など)により、体の免疫力が低下すると、結核の発病リスクが高まります。

高齢者は特に注意!

大阪市の結核患者の2人に1人が70歳以上です。結核菌を肺に抱え、無症状のまま高齢になり、免疫力の低下などのために発病することが多くなります。

結核は早期発見・早期治療が大切です

  • 疑わしい症状があれば、すぐに受診しましょう。

 [結核の主な症状] 2週間以上続く咳、たん、発熱、食欲低下、体重減少 等

 

  • 年1回、胸のレントゲン検査を受けましょう!

保健福祉センターでは、 学校や職場で健診機会のない15歳以上の方々に、胸部エックス線撮影による結核健診を無料で行っています。ぜひご利用ください!

 

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市此花区役所 保健福祉課保健活動グループ

〒554-8501 大阪市此花区春日出北1丁目8番4号(此花区役所2階)

電話:06-6466-9968

ファックス:06-6462-0942

メール送信フォーム