ページの先頭です
メニューの終端です。

朝ごはんを食べよう!~9月は大阪市朝食月間です~

2019年9月1日

ページ番号:479330

朝ごはんを食べよう!~9月は大阪市朝食月間です~

大阪市では、朝食を食べる習慣を再認識するきっかけとなるよう、夜更かしすることが多く生活リズムが乱れがちな夏が終わる9月を『朝食月間』と定めています。

朝食をとって元気になろう!

朝食には、空腹を満たすだけではなく、充実した1日を活動的に過ごすための大切な役割があります。

また、1日のスタートである朝食を家族と一緒に食べることにより、豊かな心を育てるコミュニケーションを図ることができます。

朝食を毎日食べると、こんなにいいことがあります。

  • エネルギー源を補給し、活動力をアップ!

    ごはんなどの炭水化物はすぐに消化されてブドウ糖になり、血液に入って全身に行きわたり、脳や筋肉などのエネルギーとなります。

  • 体温が上がり、体も目覚める!

    体温が上昇し、活動の準備ができます。

  • 集中力がアップ!

    脳のエネルギー源であるブドウ糖が供給され、脳の働きが活発になり、集中力が高まります。

  • 体調や生活リズムを整える!

    体のリズムを整えるためにも、毎朝決まった時間に朝食をとることが大切です。

  • 肥満予防!

    朝食を食べると、朝食以外での「まとめ食い」を防ぎ、肥満の予防につながります。


朝食を無理なく食べるためには?

  【ステップ1】何か食べることから始めましょう。

    まずは、朝食を食べる習慣づけからです。

    食欲がない、時間がないという人は、口当たりがよく手軽に食べられるもの(牛乳や果物など)をとることから始めましょう。

  【ステップ2】内容を工夫してみましょう。

    朝食を食べる習慣がついたら、副菜もとるようにしましょう。

  【ステップ3】栄養バランスを意識してみましょう。

    主食・主菜・副菜をそろえて食べるようにしましょう。

 


このように、朝ごはんは脳と体を活性化させる大切な栄養源であり、日中元気に活動するためにも欠かせないものです。

心と体の健康を保つためにも、9月の朝食月間をきっかけに、毎日朝ごはんを食べる習慣を身につけましょう!

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市此花区役所 保健福祉課地域保健グループ

〒554-8501 大阪市此花区春日出北1丁目8番4号(此花区役所2階)

電話:06-6466-9882

ファックス:06-6462-0942

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示