ページの先頭です

大阪市立学校園安全衛生委員会設置規程

2018年12月25日

ページ番号:366392

(設置)

第1条 本市教育委員会において、教職員が50人以上の学校園に大阪市立学校園安全衛生委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(目的)

第2条 委員会は、学校保健法(昭和33年法律第56号)及び労働安全衛生法(昭和47年法律第57号。以下「法」という。)並びにこれらに基づく命令と相まって、教職員の安全及び健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進することを目的とする。

(委員会の構成)

第3条 委員会の委員は、次の者をもって構成する。

(1) 安全衛生管理者(校園長)

(2) 安全衛生管理者に準ずる者

(3) 衛生管理者(教職員のうち、衛生に関する職務を担当する者)

(4) 産業医

(5) 教職員のうち衛生に関し経験を有する者のうちから安全衛生管理者が指名した者

2 安全衛生管理者以外の委員の半数については、教職員の過半数の支持を得た教職員の代表で構成するものとする。

(委員長)

第4条 委員会に委員長を置くものとし、前条第1号の委員をもって、これに充てる。

2 委員長は会議を主宰し、委員会を代表する。

(任期)

第5条 委員の任期は2年とする。ただし、補欠の委員の任期は前任者の残任期間とする。

(委員会の職務)

第6条 委員会は、次に揚げる事項を調査審議する。

(1) 教職員の危険又は健康障害を防止するための基本となるべき対策に関すること。

(2) 教職員の健康の保持増進を図るための基本となるべき対策に関すること。

(3) 公務災害の原因及び再発防止対策で、安全又は衛生に係るものに関すること。

2 委員会は、調査審議した事項のうち統一的な措置を必要とするものについては、別途規程する労働安全衛生協議会並びに関係する労働安全衛生委員会に付議しなければならない。

(会議)

第7条 委員会の会議は、委員長が招集し議長となる。ただし、委員の3分の1以上の者から請求があるときは、議長は、これを招集しなければならない。

2 議長は、会務を総理する。

3 委員会は、委員の2分の1以上が出席しなければ、会議を開くことができない。

4 議長に事故があるときは、議長があらかじめ指名する委員がその職務を代理する。

(教職員が50人未満の学校園における委員会)

第8条 安全及び衛生に関する事項について、教職員の意見を聴くための機会を設けるため、教職員が50人未満の学校園に委員会に準じた機関を置く。この場合において、第3条第1項中「衛生管理者」とあるのは、「衛生推進者」とする。

(実施細目)

第9条 この規程の施行に関し必要な事項は委員会が定める。

 

付 則

この規程は、平成17年4月1日から施行する。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

教育委員会事務局 教務部 教職員給与・厚生担当
電話: 06-6208-9138 ファックス: 06-6202-7053
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)