ページの先頭です

『いじめについて考える日』について

2021年4月22日

ページ番号:402670

令和3年度『いじめについて考える日』についてお知らせします。

設定の経緯

  令和3年3月に変更いたしました「大阪市教育振興基本計画」では、いじめの未然防止の取組として『いじめについて考える日』を設定することが明記されています。 大阪市教育委員会では、平成29年度より次のとおり『いじめについて考える日』を設定し、大阪市立のすべての小学校・中学校・高等学校の各校でいじめを許さない学校づくりに取り組んでいます。

目的

  • 『いじめについて考える日』を設定することにより、「いじめはいつでも、どの子どもにも、どの学校においても起こりうる」という認識のもと、「いじめは生命をも脅かす行為であり、人間として絶対に許されない行為である」ことを学校全体で再認識する。
  • 「いじめを許さない学級・学校づくり」は仲間づくりの基本であることから、子どもたちがお互いについてよく理解し合い、相手の立場に立って考える機会とする。
  • 学校が中心となって取組を積み重ねることで、児童生徒・教職員のみならず家庭や地域全体で「いじめ防止」の意識を高める。

設定日

5月の大型連休明けの月曜日(令和3年度は令和3年5月10日)

対象

大阪市立のすべての小学校・中学校・高等学校

令和2年度『いじめについて考える日』の状況について

設定日

 5月の大型連休明けの月曜日(令和2年度は令和2年5月11日)としていたが、大阪市立学校の臨時休業期間となったため、各校の実情に応じて、令和2年6月29日から令和2年7月10日の期間に設定することとした。

各校の取組内容(一例)

  • 生徒議会で「いじめ問題」について取り上げ、大阪市のスローガン「いじめSTOP見逃し0(ゼロ)」にむけての学校目標を策定し、全校で取り組んだ。
  • 各学級においていじめ防止の標語を考え、発表した。
  • 6年生が「友だち俳句」を作成し、なかま集会で披露した。また、全学年で友だちに励まされてうれしかったことを葉っぱに見立てた画用紙に書き、学校の「友だちの木」を完成させ、廊下の掲示板に掲示している。
  • 生徒会役員の生徒が出演する動画を作成し、生徒全員がオンラインを活用して教室で視聴し、感想などを書いた。感想などをまとめ、生徒会ニュースに掲載し、配付した。
  • 毎年、児童会から、友達に対するどんな声掛けが大切か寸劇を交えて、アピールしている。(今年度は放送で行った。)
  • 生徒たちが自主的に集まり、「いじめについて考える日」の企画・運営をした。企画の呼びかけで集まった生徒たちが、ディスカッションをしながら、生徒自ら授業案を作り、各学級において授業を実施した。
  • オンラインを活用した集会形式で校長講話を行った。また、低学年にも理解できるよう「いじめ」に関する絵本の読み聞かせを実施した。その際、パワーポイントのスライドショーを活用した。
  • 今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の取組が多いので、「コロナ」と「いじめ」について具体的事例とともに考えてみようという内容で、校長講話を行った。
  • いじめについての学級指導及びいじめアンケートの実施、ホームページやお便りでの学校の取組周知を行った。
  • 道徳の授業で、いじめについて、学年に応じて教科書を使って学習指導を行った。
  • ゲームやSNS等の使い方について外部講師を招き、出前授業や学習会を実施した。
  • 図書館に「いじめについて考える日」のコーナーを設け、いじめに関する図書を置いた。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 教育委員会事務局指導部教育活動支援担当生活指導グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

電話:06-6208-9174

ファックス:06-6202-7055

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示