ページの先頭です

施設一体型小中一貫校等整備事業

2019年10月3日

ページ番号:430906

概要(説明)

【目標】

 夢を持って主体的に社会を生き抜く力を育む小中一貫教育を最大限活かすため、施設一体型小中一貫校を設置する。


【小中一貫教育の方法】

 ・9年間を見通した教育課程の編成と実施

 ・9年間を4年、3年、2年制に分け、小学校と中学校の円滑な接続

 ・小学校高学年での一部教科担任制や小中教員の協働した授業の実施

小中一貫校が求められる背景は?

・教育基本法・学校教育法の改正による義務教育の目的・目標設定の新設

・近年の教育内容の量的・質的充実への対応

・児童生徒の発達の早期化等に関わる現象

・中学校進学時の不登校、いじめ等の急増など、中1ギャップへの対応

・少子化等に伴う学校の社会性育成機能の強化の必要性

上記の課題等に対応するため小中一貫教育を実施し、最大限効果を発揮できるのが施設一体型での小中一貫教育であるため、本施策を実施する。

どこまで進んでいるのか?

これまでの経過

・平成24年度開校 やたなか小中一貫校(東住吉区)

・平成26年度開校 小中一貫校むくのき学園(東淀川区)

・平成27年度開校 いまみや小中一貫校(西成区)

・平成29年度開校  日本橋小中一貫校(浪速区)

・平成30年度開校 咲洲みなみ小中一貫校(住之江区)

関係資料

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

教育委員会事務局 指導部 教育活動支援担当 英語イノベーショングループ
電話: 06-6208-9197 ファックス: 06-6202-7055
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)