ページの先頭です

教育委員長からのメッセージ

2014年1月16日

ページ番号:458365

 昨年12月23日、大阪市立桜宮高等学校2年の男子生徒が自宅で自ら命を絶つという痛ましい事案が発生いたしました。

 亡くなられた生徒さんのご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様に心よりお悔やみを申し上げます。

 亡くなられた生徒は男子バスケットボール部のキャプテンであり、遺書と亡くなる数日前にバスケット部の顧問教諭にあてて書いたが実際には手渡せていなかった手紙がありました。その手紙には、顧問教諭による厳しい指導や暴力行為があったこと、キャプテンとしての責任に苦しんでいたこと等の記載がありました。

 また、亡くなる前日の12月22日にも顧問教諭による当該生徒への暴力行為があったこと等が判明いたしております。

 生徒のかけがえのない命、取り戻すことのできない命を失う事態に至った今回の事案を、私たちは極めて厳しく受け止めております。

 今回の事案は、顧問教諭による体罰ではなく、何の落ち度もない生徒に対する暴力行為であるととらえています。

 顧問教諭がこのような指導を継続した背景には、部活動における暴力行為による顧問教諭の指導の責任はもとより、部活動の運営を日常的に点検し改善のための指導ができなかった学校、学校運営の在り方が適切であるかどうか点検・指導する立場にありながら、事案発生以前に学校の体質改善を指摘する声が寄せられながらも結果として適切に対応しきれていなかった教育委員会など、それぞれにおいて果たすべき責任があったと考えています。

 これらのことについては、今後とも厳しく点検し検証してまいります。

 スポーツとは、運動の合理的な実践を通して、運動の楽しさや喜びを味わうことができる活動です。しかしながら、その楽しいはずの運動部の活動で、暴力行為があり、当該生徒は悩んでいました。

今回の事案から、私たちは学校教育活動、とりわけ運動部活動において、今後体罰や暴力行為等を一切排した指導が行われるよう、徹底した検討と改革を進めていく決意です。

 現在、「大阪市教育委員会体罰・暴力行為等対策本部」を設置し、この対策本部のもとで、外部監察チームと連携・協力して実態調査等を行っています。

 今後、その結果を踏まえた実効性のある、あらゆる対応策を早急に検討してまいります。

 私たちは、今回の事案を受け、桜宮高校の抜本的改革が必要と考えてきました。体育科・スポーツ健康科学科や運動部活動の在り方、在校生や保護者の方々の耐えがたいお気持ち、桜宮高校の受験を希望し不安に思っている受験生、様々な要素を勘案し、本日、25年度入学者選抜の実施について教育委員会会議でその方向を決定しました。

 体育科・スポーツ健康科学科の募集定員120人3学級分については、前期選抜の募集学科を普通科に変更し、府内全域から募集することといたします。普通科ではありますが、豊かな教養と幅広い人間性、他者を慈しむ心を最重視し、その基盤の上に真のスポーツマインドを持った人材を育成する、スポーツに特色あるカリキュラムを組みます。26年度以降の学科の在り方については、改革プランの進捗状況に応じて改めて検討していきます。

 在校生の皆さんは、大変辛い思いをされていることと思いますが、仲間の死を受けとめ、学びを深めることを通じて桜宮高校の新しい伝統を築いていってください。大阪市教育委員会は、皆さんの声をしっかりとお聞きし、応援していきたいと思っています。

 受験生の皆さん、急な募集要項の変更となりますが、できうる限り皆さんへの影響が小さくなるよう考え決定しました。どうか希望を持って受験してください。

 未来ある若者が自らの命を絶ったこの痛ましい事案をしっかりと受け止めて、学校の再生に向けて全力で取組んでいきますので、保護者をはじめ、市民の皆様にはご理解とご協力をお願いいたします。

 

平成25年1月21日 

大阪市教育委員会  

委員長 長谷川 惠一

 

 

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

教育委員会事務局 指導部 高等学校教育担当
電話: 06-6208-9188 ファックス: 06-6202-7055
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

教育委員会事務局 総務部 学事課
電話: 06-6208-9114 ファックス: 06-6202-7052
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)