ページの先頭です

令和元年度人事評価制度評価者研修業務を実施するにあたり、公募型プロポーザル方式により、事業者を募集します

2019年6月7日

ページ番号:469251

令和元年度人事評価制度評価者研修業務について

案件名称

令和元度人事評価制度評価者研修業務委託

 

事業目的

 教職員の人事評価については、これまで大阪府の制度が適用されてきたが、 平成29年度の県費負担一元化により大阪市独自の制度が適用できることとなったため、同年に新たな教員人事評価制度の試行実施を行い、平成30年度より本格的に運用を開始した。

 運用初年度を終え、評価に関する苦情申出等や、苦情に至るまでの相談も増加しているところである。人事評価結果は地方公務員法上「人事管理の基礎」として活用されるため、評価制度の公平性と納得性の確保は制度側としての責務である。評価者の経験則のみに頼らず、確立された「問題分析」「面談技法」等、公正な評価に繋がる技術を評価者に習得させることで人事評価制度の円滑な運用及び評価以外の学校園運営にも役立て、学校園の組織力アップに寄与する。

 

募集内容

募集要項及び仕様書のとおり

契約上限額

 1,053,000円(契約上限額の範囲内で契約するものとする)

※研修講師の交通費等、講師にかかるすべての経費は受注者の負担とする。

契約期間

契約日~令和元年9月30日

※ただし、研修は令和元年8月1日~24日の平日(うち3日間)に実施する。

業務実施場所

本市指定場所(大阪市内)

※実施場所については、本市で用意する。

受講対象者及び受講予定者

全校園長、副校長、教頭、指導主事 約1,000人

参加資格要件

(1) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当していない者
(2) 官公庁及び民間企業において、管理職向け人事評価の研修業務・人材コンサルタント業務を企画提案し、履行した実績を有する者
(3) 本市人事評価制度を十分に理解し、業務に反映することができること。
(4) 本市入札参加資格を有する者については、プロポーザル参加申請時に大阪市競争入札参加停止措置要綱に基づく停止措置を受けていないこと
(5) 本市入札参加資格を有する者については、プロポーザル参加申請時に大阪市契約関係暴力団排除措置要綱に基づく入札等除外措置を受けていないこと及び同要綱別表に掲げるいずれの措置要件にも該当しないこと
(6) 本業務委託を履行することができ、円滑な連絡調整を図ることができる体制が整備されていること

スケジュール

資料配付・掲載期間・質問受付締切

 令和元年6月12日(水曜日)

質問に対する回答

 令和元年6月14日(金曜日)

提出締切

 令和元年6月21日(金曜日)

プレゼンテーションの日時

 令和元年6月26日(水曜日) 午後 (予定)

 ※詳細な時間は、参加者に後日連絡。

選定結果の通知の送付

 令和元年7月上~中旬

公募に係る資料等

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 教育委員会事務局教務部教職員人事担当教職員資質向上グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

電話:06-6208-9028

ファックス:06-6202-7053

メール送信フォーム