ページの先頭です

ウマい話に気をつけて~SF(催眠)商法にご注意を~

2019年1月16日

ページ番号:114406

高齢者が被害に遭いやすい手口の一つです

 格安食品のチラシや街頭で「商品をタダであげる」などと宣伝して会場に誘い込み販売員が巧みな話術で盛り上げながら、購入しないと損をするような一種の催眠状態にして高額な羽毛ふとんや健康食品などを買わせるという、健康に不安を抱き、また比較的時間を持て余しているお年寄りが被害にあいやすい手口があります。ウマい話はそうはありませんので、被害にあわないようにご注意ください。

相談事例

 自宅に男が「近くに介護用品の店を新しく開くので話を聞いて」と訪ねてきた。外に出ると近所の人も集まり、ふきんなどをもらった。さらに「別の場所へ行けばもっとよいものを渡す」と、1キロ先の民家に車で連れて行かれた。戸が閉められ営業員数人が後ろに並び、帰れない雰囲気になった。景品を貰った後、湯治で有名な温泉の話が始まった。「そこの湯の花と同じ成分が入った温熱器を使えば、足腰の痛みが取れる」と繰り返し説明され、23万円もする温熱器を契約してしまった。

助言

  •  「新規開店の宣伝」を口実に声をかけ、「タダでものをあげる」と会場に連れて行き、いろいろなものを配る。得した気分にさせ、周りの雰囲気に巻き込むようにし、最後に高額な商品を買わせる商法である。
  • 「格安」「無料配布」で誘われても、実際に会場に行くかどうかは慎重に。
  • クーリング・オフできるケースもある。

 

 契約でお困りの場合は、大阪市消費者センターへご相談ください。

 くわしくは、消費者センターホームページ「消費生活相談(電話・面談・電子メール)」のページをご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市市民局 消費者センター

〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATC(アジア太平洋トレードセンター)ITM棟3階

電話:06-6614-7521

ファックス:06-6614-7525

メール送信フォーム