ページの先頭です

ワンクリック請求の被害にあわないよう注意しましょう

2019年1月16日

ページ番号:126315

ワンクリック請求とは

 無料の動画などを見ようと画像をクリックして、次へ次へと進んで行った利用者に対し、ウェブサイト運営者が利用者の意思に反して『会員登録』を行い、料金を請求する手口です。

 被害に遭わないためには、「ワンクリック請求」の手口を知ることが第一です。例えば、契約する意思がないのに、意思確認画面で「はい」をクリックしないようにするなど、ウェブサイト閲覧時には、画面に記載されている注意事項をよく読み、無用なトラブルに巻き込まれないように気をつけましょう。

相談内容

 動画サイトで、無料動画を見ていたところ、いつの間にかアダルトサイトに接続された。アダルトサイトの確認画面では、年齢認証や業務用のパソコンかなどに答えたところ登録となりパソコンに12万円を支払うようにとの請求画面が表示された。請求画面を消そうとしても消えないがどうすればいいか。

助言

  • サイトの利用規約などの表示を十分に確認し、特に金額と利用期間を確認すること。・ 安易に「はい」「YES」「OK」「入場する」「ENTER」などをクリックしないこと。
  • アダルトサイトから安易にプログラムのダウンロード、インストールを行わないこと。
  • セキュリティーソフト、ウイルス対策ソフトを導入し、ソフトを常に最新の状態に保つこと。
  • 請求画面にはあたかも個人情報が登録されたように表示されますが、IPアドレスやプロバイダ名は把握されても、個人を特定されることはありません。請求画面が表示されても慌ててお金を振り込んだり、電話やメールで事業者と連絡を取らないこと。
  • なお、最近ではアダルトサイト以外にも「ゲーム攻略サイト」や「芸能人の情報サイト」から誘導されるケースもありますので、十分注意すること。
  • 請求画面の張り付きを削除するには、情報処理推進機構(IPA)のホームページを参考に、ひとりで復旧することもできます。
  • 情報処理推進機構(IPA)のホームページを参考にしてもシステムの復元やパソコンの初期化の方法が分からない場合、パソコンメーカーやパソコンの購入店等に相談すること。なお、この場合費用が発生する可能性もあるので、事前によく確認すること。

 

 不安などがあれば、一人で悩まず、大阪市消費者センターへご相談ください。

 くわしくは、大阪市消費者センターホームページ「消費生活相談(電話・面談・電子メール)」のページをご覧ください。

 

【関連リンク】

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市市民局 消費者センター

〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATC(アジア太平洋トレードセンター)ITM棟3階

電話:06-6614-7521

ファックス:06-6614-7525

メール送信フォーム