ページの先頭です

健康食品に関するトラブル!

2019年1月16日

ページ番号:178669

頼んでいない商品の送り付けや、お試しのつもりが定期購入になっていたという相談が寄せられています

相談事例

  • 夫が生前に契約したことがあるという業者が、電話で「通常価格より安くするから」と健康食品を勧めてきた。すでに常用している健康食品があるからと断ったのに、後日商品が送られてきた。
  • 「注文のあった健康食品を代金引換で送る」と電話があった。「注文した覚えはない」と伝えると「確かに注文している。代金は2万円。支払わないと訴える」と脅された。経済的にゆとりがないので、そんなに高い健康食品を注文するはずがないのに、翌日業者が言ったとおり商品が届いてしまった。
  • サプリメントを初回お試し価格として購入。体に合わず解約を申し出たが、定期購入だとして拒否された。
  • 通信販売でお試し価格500円の健康食品を注文した。一度限りだと思ったが2回目が届いた。解約したいが電話がつながらない。

助言

  • 消費者が承諾していないにもかかわらず一方的に商品を送り付けられた場合、代金支払いの義務はなく、受け取る必要もありません。
  • 勧誘されても必要なければ、はっきりと断りましょう。事業者名や連絡先を確認しておくことも大切です。
  • 商品が届いてしまっても、安易に受け取らないようにしましょう。
  • 通信販売で「お試し価格」「初回無料」などをうたった健康食品(その他、化粧品、飲料など)の定期購入に関する相談は年々増加傾向にあります。インターネットによる通信販売の場合、事業者は契約内容や返品の可否をわかりやすくはっきりと表示する義務があります。明示されていない場合には、商品到着後8日以内に送料を消費者負担にて返品することができます。
  • 契約内容について確認画面が不十分であるなどの場合は、契約の無効を主張できる場合もあります。
  • 事業者側の対応に納得がいかないのであれば、現在までの経過を書面にして、当該事業者代表者へ申し出てください。
  • 申込みの時は、契約内容や解約条件を確認しましょう。 

 契約でお困りの場合は、大阪市消費者センターへご相談ください。

 くわしくは、大阪市消費者センターホームページ「消費生活相談(電話・面談・電子メール)」のページをご覧ください。

【参考リンク】

 国民生活センターホームページ

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市市民局 消費者センター

〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATC(アジア太平洋トレードセンター)ITM棟3階

電話:06-6614-7521

ファックス:06-6614-7525

メール送信フォーム