ページの先頭です

「医療機関債の被害を回復する」という不審な勧誘にご注意!

2018年12月16日

ページ番号:208569

不審な電話勧誘を受けた時は、大阪市消費者センターへご相談ください!

 過去に医療機関債を購入した高齢者などから、「見知らぬ業者から『被害を回復する』『被害金を取り戻せる』などの不審な勧誘を受けた」という相談が全国の消費者センター等に寄せられています。
 こうしたケースでは、一度お金を支払ってしまうと取り戻すことがきわめて困難なため、絶対にお金を支払わないように特に注意が必要です。このような勧誘を受けたときは、速やかに大阪市消費者センター等にご相談ください。

 

(相談事例)
 過去に医療機関債の契約をしていたが、「今日中に申し込めばその被害回復ができる」という電話がかかってきて、「犯人が刑務所に入ってしまうと被害は回復されなくなる、半分ぐらい取り戻せるかもしれない」と言われた。なぜ電話してきたのかを尋ねると、「マスコミ関係者で情報を入手した、家族に内緒で処理できる」などと言われた。

 

(アドバイス)

  • 「今日中に連絡すると半分ぐらい取り戻せる」「新しい債権を買った人だけ救済される」などと言って不安をあおったり、「預金があると被害救済を受けられない」といった事実と異なるセールストークが見られますが、こうした不審な電話勧誘があっても決してうのみにせず、絶対に取り合わないでください。
  • 医療機関債のケースに限らず、被害回復をうたった勧誘トラブルの事例では、最近は現金書留や宅配便でお金を支払わせるなど、銀行振り込み以外の巧妙な手口も見られます。こうしたケースでは、一度お金を支払ってしまうと取り戻すことがきわめて困難なため、絶対にお金を支払わないように特に注意が必要です。
  • 何かおかしいと感じた時は、一人で悩まず大阪市消費者センター等にご相談ください。(国民生活センター注意喚起より抜粋)

一人で悩まず、まずはご相談ください!

 【相談窓口】 大阪市消費者センター(大阪市にお住まいの方)

電話番号:06-6614-0999

受付日時:年末年始を除く、毎日。10時から17時まで

 くわしくは、大阪市消費者センターホームページ「消費生活相談(電話・面談・電子メール)」のページをご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市市民局 消費者センター

〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATC(アジア太平洋トレードセンター)ITM棟3階

電話:06-6614-7521

ファックス:06-6614-7525

メール送信フォーム