ページの先頭です
メニューの終端です。

1868(明治元)年 現西区川口にて大阪港開港

2016年2月15日

ページ番号:341898

1868(明治元)年 現西区川口にて大阪港開港

1854(嘉永7)年に締結された日米和親条約により下田と函館が開港されましたが、アメリカは、さらに、大阪開港による大規模な貿易を望んでいました。そこで、交渉の結果1858(安政5)年、米修好通商条約を結び兵庫を開港し大阪を開市(外国と貿易を行う都市)することにしました。

大阪の開市は、当初1863年に行うことになっていましたが、下田・函館の開港の結果、物価が高騰し各地で一揆や打ちこわしが続出するなど世情が不安定になったため、兵庫・大阪の開港・開市を延期し1868年1月に行うことにしました。

1868年1月、幕府から政権が移った新政府、幕府の開国和親の方針を継続し、5月に今の西区川口に川口運上所(現在でいう税関)を開くとともに、外国人居留地の造成を急がせました。このとき、大阪は窮屈な開市ではなく開港とされ、7月15日、川口に大阪港が開港しました。

開港はしたものの、川口港は川幅も狭く度重なる洪水により川底も浅かったため、大規模な浚渫工事を実施し、1871(明治4)年、川口波止場を設けました。

 

川口波止場
別ウィンドウで開く

川口波止場 大阪城天守閣蔵

川口居留地より安治川を望む
別ウィンドウで開く

川口居留地より安治川を望む 大阪城天守閣蔵

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市港区役所 総務課

〒552-8510 大阪市港区市岡1丁目15番25号(港区役所6階)

電話:06-6576-9625

ファックス:06-6572-9511

メール送信フォーム